2018年07月03日

懐かしい対局と院生の思い出①

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

この頃は日差しも強く、
本格的に夏になって来ましたね!
夏は囲碁関連のイベントも多くまた忙しくもあります。
このブログを見られている皆さんも是非、色々なイベントに参加して下さい

さて、明日4日は王座戦予選があり朝から対局なのですが、その相手は小野幸治四段です。
実は小野四段とは院生の同期で仲間でもあり、当時は数限りなく院生手合で対局したライバルでもあります。
関西棋院の院生は日本棋院と違って級位制です。
当時中学生で院生になった時、私は地元(香川)でアマ六段で打っていました。
級を決める試験碁を打った結果、院生の7級になりました。

今の院生の級は辛く、当時の私なら10級といったところでしょうか💦
基準としてはアマ六段=院生10級くらいの認識で良いかと思います。
そして10級から始まり6勝2敗以上の成績で昇級しますが、当然負けがこむと降級します

当時、小野四段と私の棋風は割と近くて力任せにガンガン攻める碁が多かったのです。
そのせいか2人で打つと盤中で戦いが起こって凄い事になりました(笑)

流石にプロになった今ではそんな激しい碁にはならないと思いますが明日の対局はとても楽しみです!
現在関西棋院には130名弱の棋士がいて、同期の仲間とも滅多に当たりません。
小野四段との対局も数年ぶりかと思います。

当時を懐かしみつつも負けられない対局なので来週は明日の対局の内容を振り返るのと院生当時の面白エピソードをお伝えします。
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 08:00| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

関西棋院のホームページ

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

今週発売の週刊碁でLeela Zeroの特集をやっていましたね。
色々な人が知って裾のが広がるのはいい事だと思います。

6月23~24日に行われた、2018Tencent杯世界囲碁AI大会の予選ではLeela Zero2位でした。
7月に本戦が行われるので頑張って欲しいです。

予選1位は中国の絶芸で何局か対局をチェックしましたが圧倒的な印象を受けました。
日本から参加のAQも予選突破した様で本戦が非常に楽しみです。

さて前回追記でお知らせした通り、関西棋院のホームページについてお話したいと思います。
現在私は関西棋院のインターネット担当でもあるので実は水面下で色々動いてきました。

今の関西棋院ホームページを見て頂いたら分かるかと思いますが、ページは多いのに(多いから?)
中々目的のページに辿り着けません💦

これはホームページ担当の私でも同じです

見やすくて、見に来る人が欲している情報を載せる…
これを目標に現在新しくホームページを変える予定です。
・スマートフォンやタブレットでも見やすいページ
・棋戦のトーナメント表
・囲碁関西の棋力認定問題をHP上で
・棋士のプロフィール欄に直近の成績を載せる
まずはこれらを実施して行く予定です。

今はホームページを担当して下さる会社と色々打ち合わせをしています。
変える事によって色々労力はかかりますが、関西棋院として囲碁ファンの皆様に価値のある情報をお届けしたいと思います。

このブログを見て頂いている方でホームページに関するアイディアや改善するべきところがある方は是非お知らせ下さい。
採用されるかも知れませんよ
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 17:35| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

地震

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

関西にお住まいの皆さんは昨日18日の地震は大丈夫でしたでしょうか?
私のところはかなり揺れましたが特に被害はありませんでした。

なので私は特に気にするでもなく関西棋院に行きましたが、誰もいなくてびっくりしました
普段から自転車で関西棋院に行っているので電車が止まっている事を後で知りました。
棋院に来ているのが私と囲碁サロンのスタッフ1名だけなので、てんやわんやでした💦
そもそもエレベーターが止まっていたり、囲碁サロンで水漏れがあったりしました。
他にも関西棋院で教室を普段やっているので、それを中止する旨をお客様に連絡したりHPに載せたり…

普段やっている事を中止するのは大変なのですね。
良い教訓になりました!

大阪で大きい地震と言うと阪神淡路大震災を思い出します。
当時私は中学生でプロになるために大阪に出て来て、苑田九段のところで内弟子をしていました。
夜中に大きい揺れが来て、まるで部屋がグルグル回っている様な感じでした。
ただ当時は寝ぼけていたのでそのまま寝てしまいましたが…
朝起きて外に出た時に初めて事の重大さに気づきました。
屋根瓦が落ちていたり、学校の窓ガラスが軒並み割れていたり。

今回もニュースを見ていて似た様な被害があり、当時を思い出しました。
大阪もまだ余震が続いており、油断出来ないかと思います。
皆さんも何卒お気をつけ下さい。
『備えあれば憂いなし』です!



続きを読む
posted by プロ棋士さん at 14:19| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

師匠との対局③

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回は師匠の苑田九段との対局で次の一手を出題しました。
ブログ0604D.png
この局面ですね。
局後の検討では黒模様の消し方が難しいとの話でした。
そしてこの局面をAIに分析した結果…。
ブログ20180612.png
白1がAIの次の一手でした。
示された最初は頭の中が「?」でいっぱいでした。
黒2は第一感ですが、これには白3を先手で決めてから白5のシマリはびっくりしました。
白1~3の二手だけで仕事が終わった顔をして、最初はAIに腹が立ちましたが(笑)
これを咎めるのが難しいのです。
ここで変化図を一つ
ブログ20180612B.png
白1に黒2と受けると、グイグイ押していくのが好手。
もし白7に対して黒8と頑張って受けると白9からの11が決め手で黒の陣地が破れます。

今まで我々棋士でも中央の感覚が難しく、隅や辺と違って定石が無いのである意味ブラックボックスでした。
棋士の実戦で初手天元があまり無いのもそう言う事情です。
しかしこれからはAIがその辺りを解明してくれるかもしれません。

弟子の私が言うのは恐縮ですが、苑田九段の棋風を自分なりに分析すると
中央が厚いのでなく、筋が厚いと言った印象です。
分かり難くてすみません…。
言葉にすると非常に難しい💦
例えるなら、私ならその場で耐えてるならOKな所を苑田九段はもっと相手の石が来ても大丈夫な様に打ってらっしゃる印象です。
それでも遅れていないのが本当に不思議です

苑田九段は今も尚情熱を持ってて、毎週火曜に関西棋院で苑田研究会(通称、苑研)を何十年も続けてらっしゃいます。
苑研は検討中心の研究会ですが、苑田九段の人柄もあり和やかな雰囲気でされております。
かくいう私は隣で滝口研究会に行ってるので裏切り者ですが(笑)

そういう意味では苑田九段は一つの棋士の究極の形なのでは思います。
今回は『恩返し』(囲碁界で師匠に公式戦で勝つ意味)出来ませんでしたが、次回こそ『恩返し』したいと思います。
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 17:55| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

師匠との対局②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

5月31日を持ちまして『わくわく囲碁の村』はサービスを停止致しました。
これまでのご愛顧有難うございました。

今後は関西棋院のHP内でコンテンツを発信していきたいと思います。
当ブログも「ネットで囲碁が楽しめる! 『関西棋院』ブログ」と一旦名前を変更いたします。
あくまで仮なので、何かいい名前があれば採用します(笑)

さて先週は師匠の苑田九段との対局を少しだけ解説しましたがその続きをやりたいと思います。
前回は三々ではなく一路下のツケをAIに勧められたと言う話でした。
ブログ20180528B.png
AIは特に序盤や中盤の感覚に優れていると感じます。
この後、数手進んで↓の局面
ブログ0604.png
黒に1~3と広げさせてから白4と動き出すのが
私の作戦でした。
実戦は白6にカケれたら白がまずまずかと思います。
ブログ0604b.png
実戦は黒9までなりましたが、△の黒が中央重視なのに
対して7、9は位が低いのでミスマッチの感があります。
と、ここまでの形で面白い事がありました。
この碁が終わった後の検討で金 秉民七段が示されたのが下の図で
ブログ0604c.png
黒1と高い方のケイマで、仮に黒5までとなった時に白から打つ手が難しいのです。
実はこの後にAIでこの局面を見させたところ、やはり黒1のケイマが一番評価が高かったです。
プロ棋士AIの意見が一致する場合、
その一手はかなり有力です

逆に下図の白1のオシは検討した結果、左辺の黒模様の荒らし方が難しいので却下になったのですが、
ブログ0604D.png
      (白番で次の一手は?)
AIはこの図を勧めてきました。そして、この後の黒模様の荒らし方が凄かったです。
師匠は日本棋院の武宮正樹九段と並んで中央が手厚い棋風で「東の武宮、西の苑田」と言われていました。
中央の感覚に一家言ある、苑田九段も気付かなかった次の手とは?
次週に答え合わせをしたいと思います。

続きを読む
posted by プロ棋士さん at 10:00| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得