2020年05月05日

幻の古典詰碁「玄覧」②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

皆さんはいかがお過ごしですか?私は変わらず自粛の日々です。
最近は動画投稿サイトの「you tube」に動画を投稿する棋士も増えてきましたね。
だいぶ時代も様変わりしました!
その中でも不変なものもあります。
それは詰碁です。

今回も紹介する「玄覧」200年近く前の詰碁ですが、現在でも充分に勉強になります。
さて、前回の宿題は

無題.png
この問題でした。
一合マスの形で白が△にハネて来たところです。
ここで

無題.png
黒1と押さえれば普通ですが、白地は7目あります。※X印のところ

無題.png
黒は1と打つのが正解です。やはり2の一が急所なんですね

無題.png
白は2が最善で、この時に黒3のホウリコミがポイントです。
白4の取りに黒5と押さえ…

無題.png
6の時にAには打てないので白からは6くらいです。
黒は7のツギを相場として見た場合、白の陣地は5目と3分の2となります。
3分の2とは半コウの部分ですね。
ややこしいと感じたなら、白地は5目強あると考えて下さい。

最初の普通に押さえた図に比べると1目と少し(3分の1目)得をしました。
他の変化は

無題.png
黒1に白2とつなぐと黒3のホウリコミが手筋

無題.png
白4の取りは仕方ありませんが、黒5と更にホウリコんでコウになります。
これは白が一大事ですね

無題.png
黒1に白2とこちらにつなぐと今度は単に黒3と押さえます。
白4に黒5のワリコミ、白6に黒7と打ってこの図もコウになり事件発生ですね💦
なので、白は変に抵抗出来ない形です。

さて、皆さんいかがでしたか?
少し難しかったかと思いますが、一度知りさえすれば実戦でも使えるので是非とも覚えると良いでしょう。
では次回の宿題を出します!

無題.png
黒番です。今度は難易度も高くないかと思います。
ヒントは「ケイマの〇〇コシ」です。
次回は5月19日(火)に更新予定です。
内容は古典詰碁の玄覧シリーズ第三弾です。
posted by プロ棋士さん at 10:00| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得