2019年11月06日

詰碁が出来るまで②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

すっかり、外は寒くなりましたね。
北海道の知人から雪が降ったとの報告がありました
大阪ではあまり降らないので羨ましい気持ちがあります。
実際には雪かき等大変なのでしょうが💦

さて、前回は私が詰碁を作成する手順をご説明いたしました。

無題.png
指導碁の形から詰碁の形に整えて、黒1が正解なら問題の出来上がりです。
ただ、白からの抵抗がどうなるか…。

無題.png
白から2とツケるのが好手で、白6までコウになります。
初手黒Aでもコウにはなるので、これでは失敗です。

無題.png
コウになってしまう理由として、黒7とつないだ時に白8と切られるのがあります。
それなら、いっその事白△の石がなければ白8と打てないですよね。

無題.png
△にあった白石を取り除きました。
経験上、白石だけを取り除くと不都合が出るのでAのあった黒石も取り除きました。
これで黒先の問題です。

無題.png
前回と同じく黒1とコスミます。
白2には当然3とハネ出して、今度は白6の時に……

無題.png
黒7とつなぐ事が出来ます。白8、10と攻めて来てもぴったり2眼ありますね

これで黒1のコスミで無条件生きなのは間違いありません。
残るは初手で上記のコスミ以外に手がなければ詰碁として完成です。
……と、ここまで作っていて嫌な予感がありました。

無題.png
元々あった白石を取ったせいで黒から1の好手が新たに生まれました。
これでは、黒はAでも1でも生きるので失題です
今回、実戦から比較的簡単に詰碁に出来そうなので
この形を選んだつもりでしたが一筋縄では行かないようです。

これは少し時間を頂いて、考えなければいけませんね。
この形の詰碁化は次回に持ち越しです。

ここまで詰碁を作る時の方法として
①実戦から詰碁になりそうな形をメモしておく
②詰碁の形に整える
③整えても、答えが複数ある時は石を取ったり付け足したりする

が主な手順になります。
ただ、石を取ったり付け足したりすると上記の様に
新たに筋が出て来るのが問題ですね💧
詰碁作りではありませんが、既存の詰碁でも一路右とか左にずらすと
成立しない詰碁もあります。
それだけ問題作りはデリケートだと思います。



次回は11月19日(火)に更新予定です。
内容は詰碁が出来るまで②の続きとなります。
posted by プロ棋士さん at 17:29| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得