2019年06月18日

研究会にて③

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回は研究会の碁を取り上げました。
その中で詰碁的な形が出来たので今回はその答え合わせといたします。

無題.png
これがその問題図です。
黒が1と来て上辺の白がどうなるかですね。

無題.png
正解は白2のマガリとなります。
この手以外では白は生きることができません。

無題.png
黒は3とセオリー通りに外から来ますが、
白4が正しい手。一見すると黒5で眼がなさそうですが…

無題.png
黒5に白6とこちらからオサエて黒7の時に
白8のホウリコミが手筋で
黒3子がトントンになっています。
右上隅の黒の欠陥を突いた形です。

これは『辺の一合マス』と言われる形で、
基本的には上記白1とマガるのが正解となります。

無題.png
辺の一合マスの基礎型です。
白番で、正解はどちらかに『マガる』のですが
その時のコツをお教えいたします。

無題.png
白△と白の援軍があるかと思いますが、
この援軍から近い方に『マガる』のが正解となります。
これを覚えるだけでもだいぶ頼もしくなります。

因みに実戦は『援軍』ではなく
相手の『弱点』の方にマガリましたが、
これは応用編みたいなもので理屈は同じです。

詰碁などでも、実はコツがあったりして
そこを押さえると簡単だったりします。
当ブログでも折を見つけて、『コツ』を皆様に伝授したいと思います
次回は7月2日(火)に更新します。
内容は未定です。
posted by プロ棋士さん at 17:39| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得