2019年06月04日

研究会にて②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

部屋でパソコンをいじっていたら、気温が高いのとパソコン自体が熱いせいで汗だくになってしまいました💦
囲碁AIはパソコンの能力をフルで使うので温度には要注意です

さて前回は研究会の碁を解説していましたが、
今回はその続きです。

無題.png
私の白番で黒が左下に繋いだところです。
この後……

無題.png
白1と両ガカリしたら、上下で同じ定石が出来ました。
白としては15に回れたら不満なしです。

無題.png
白△の開きが先手で打てたので、
1から3と中央に打ちます。
この手は模様を作るときの常套手段です。

無題.png
局面は進んで、黒が1とハネたところです。
この時、白は2とノビるべきでした。
ここは中央が大事で、白□の集団に
遠くから援軍を送るイメージです。
逆に黒が中央を厚くなると白□は攻められてしまいます。
しかし、私はここで…

無題.png
白1と切ってから3と繋いでしまいました。
部分的には手筋ですが、黒6とカカエられると
中央黒も安泰ですし
中央の力関係も微妙になってきました。
明らかに形勢を損なっています。
真ん中の戦いは難しいですね💧

後、実戦ではたまたま詰碁の形が出来たので
皆さんに出題したいと思います。

無題.png
黒が今、1とマガッてきたところです。
上辺の白が生きるにはどこに打つのが正解でしょうか?

実戦で配置を変えずに問題が出来るのは
割りと珍しいかもです。
答えは次回解説したいと思います。
次回は6月18日(火)に更新します。
内容は詰碁の解答とその他です。
posted by プロ棋士さん at 13:25| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得