2019年04月09日

入門について

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

更新が遅れてしまい誠に申し訳ございません。
この時期は色々バタバタしてしまいます💦

さて、今回は入門についてお話したいと思います。
私は金曜日に朝、夕方にカルチャー教室の講師をしております。
それぞれ別の教室なのですが
先週はなんと両教室で入門の方がいらっしゃいました!

私の場合は取りあえず石を囲めば取れる事を重点的に教えます。
ただ今回失敗したのは、熱心な方がいらっしゃってついつい陣地などを説明した事でした。
その方はやはり囲碁は難しいと思われてしまった様です。

一般的に囲碁は難しいとの認識が多いようで、そこを払拭するのが我々講師の腕の見せどころと考えています。
それでも、もう一人の方は続けて頂けそうで良かったです。

先月、棋士仲間で集まって囲碁以外で初見のボードゲームをプレイして初心者の気持ちになる会を開きました。
やはり共通しているのはルールが簡単なのとプレイ時間が短い点です。
プレイ時間が長いと初心者は根気がなくなってしまいます

なので囲碁の場合も皆さん9路盤から始めますよね!
ただ個人的な感想ですが9路盤でも入門者には広い気がします。
感覚としては6路くらいが相場でしょうか。

でも6路盤があまり普及していないのが玉にキズですね💧
今回新しく入られた方も楽しく囲碁を勉強できるように腕を振るって行きたいと思います
次回は4月16日に更新予定です。
posted by プロ棋士さん at 17:34| Comment(0) | 囲碁入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得