2019年03月19日

第13回全国高等学校囲碁選抜大会

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

3月の半ばも過ぎましたが
まだまだ肌寒い日が続きますね💦
皆さんも風邪にはお気をつけ下さい。

さて先週の日曜日、3月17日に大阪商業大学にて行われた、
全国高校選抜の審判として参加させていただきました。
DSC_1091.JPG

16日は団体戦17日は個人戦でした。
男女、19路盤と9路盤で別れて計4つの部門で選手たちが熱戦を繰り広げました。
9路盤と聞くと初心者のイメージが強いですが、実際にはハイレベルな戦いとなりました。
その中の1局をご紹介します。

Screenshot_20190317-110944_01.png
白10まではマネ碁となっており、コミの負担があるので黒の対応も難しいところです。
この時に黒11のブツカリから13、15のツケコシが機敏な手順。
17のキリで様子見も中々の好手で白18は仕方ないかもしれません。
実戦は19のサガリと21のハネという2つの大場に回ることが出来ました。

私のこの碁を見ていて、なるほどと感心いたしました。
マネ碁対策として普通に参考になるレベルです!
選手の皆さんもとても勉強している印象でした。

大会の詳しい結果などは関西棋院のホームページに載せているのでそちらをご参照下さい。
今大会を参加した選手が皆マナーが良く、とても穏やかな雰囲気で進行していたのが印象深かったです。
対局が終わった後も熱心に検討していたので思わず私も参加してしまいました
ただ検討に熱中しすぎて、他の棋士から選手達の休憩時間がなくなるから、その辺でと注意されてしまいました(笑)
一緒に検討した選手の皆さん、申し訳ありません…
この場を借りてお詫びいたします💧

この様な素晴らしい大会を来年も参加したいと思った1日でした!

次回は3月27日(水)に更新予定です。


posted by プロ棋士さん at 18:19| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得