2019年02月05日

Leela Zeroの両ガカリからの捌き

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

2月に入りましたが、まだまだ寒いですね
私も部屋では毛布にくるまっています(笑)

さて今回は久しぶりにLeela Zeroについての話題を書きたいと思います。
昨年の碁ですが、Leela Zeroelf(Facebook製AI)との対戦で面白い形があったので紹介したいと思います。

無題.png
早速、序盤の解説から
以前は黒5のカカリに対して、受けあるいはハサミが主流で両ガカリされると厳しいとされてきましたが
最近では両ガカリされても捌く手段が色々出てきて
両ガカリを恐れなくなってきました。

無題.png
実戦も両ガカリからの変化になりました。
黒5のツケには6と隅から押さえるのが多く打たれています。
黒9の時に10のカタツキがこの場合の形です。

無題.png
黒5からの出切りは気になりますが、白はいつでも8のコスミで生きているので心配ありません。

無題.png
実戦は白△のカタツキに黒11と飛んで、白12の戻りに13とこちらに展開しました。
これで両ガカリからの変化は一段落です。

無題.png
局面が進んで黒が両ガカリしたところです。
白が相当苦しそうですが、ここで面白い手がありました。

無題.png
白1とコスミツケました。
確かに黒が多いところなので考えられますが、白は更に3とコスミツケます。
そしてこの後が驚愕でした。
なんと!白57のハネを先手で決めて白9とこちらに回りました
これを最初に見たときは五目並べ!?をやってるのかなと思いました(笑)

無題.png
黒は当然黒1と3々に来ますが、
白24意外に大した事ありません。

無題.png
左上隅はこの様な形になりましたが、黒◻の石が黒の厚みに近寄り過ぎなので白に不満はありません。
最後は白の中押勝。

右上は通常の両ガカリからの捌き、左上は相手が多い時の捌きという2種類の捌きが参考になります。

さて、当ブログは度々Leela Zeroの話題を出しておりますがプロジェクトが終わるかもというお話をしたいと思います。
Leela Zeroもだいぶ認知されて、プロ棋士でも多くの人が使っています。

Leela Zeroの関係者なども書き込んでいるフォーラム(ネット掲示板みたいなもの)で
開発者のgcpさんが「Leela Zeroもelfより強くなったし、そろそろプロジェクトを終わっても良いかも」と書き込んでおられました。
確かにAIの強さには限界がないので、どこで終わりにするか難しいところです。
特に開発者の方はソフトの維持費も自己負担なので大変なのは想像に難くないです💦
この辺り、オープンソースのソフトは厳しいですよね。

もしソフトの更新が止まると、どうするかを考えないと…
既に人間より強いのでそのまま使うか、別のAIを使うか?
現在私は『minigo』というAIを試していますが、まだまだ使い方が分かってません。

ただ、まだLeela Zeroも稼働はしているので様子見が良いかもしれません。
もしかしたら他の方が引き継ぐ可能性もありますし
今後も囲碁AIの情報は重要なので、このブログでもお伝え出来たらと思います
次回は2月12日(火)に更新予定です。
内容は未定ですので何かリクエストを頂けたらと思います。
posted by プロ棋士さん at 15:42| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得