2018年11月13日

研究会も世代交代?②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回は小学生の院生が新しく参加した様子をお伝えしました
その中で院生の川端くんと打った碁を途中まで解説したので、その続きを解説したいと思います。

1113a.png
前回は黒が△に一手そなえた所で終わりました。
上辺を先手で荒らしたら、互先なら黒が大変ですが定先なのでまだ油断は出来ません。
黒が2、4と下辺を広げて来たので白5と打ち込みました。

1113a.png
黒6のコスミツケから一連の数手は定番の形です。
特に白11は軽くて良い手なので、覚えておくと良いかと思います。

1113a.png
実戦は黒12と押した後に14とハネて来たので白は15と三々で様子を聞きました。

1113a.png
実戦の黒16は悪手で19、21とこちらを渡っては定先とは言え白が優勢です。

1113a.png
ですが白が優勢でも危ない瞬間はあります。
実戦は左辺白が黒の猛攻を食らって、かなり危ない形になりました。
上の図で白1と出ましたがこれは悪手で、白Aとハサミツケていれば隅はコウなので楽に凌いでいました。

1113a.png
それがこの図です。
黒10でコウではありますが、白はそばコウがあるので楽です。

1113a.png
実戦は黒も本気で取りに来たので外にはみ出して行く展開になりました。
最後は白1、3の連携が上手くここで黒の投了になりました。
この後打つとしたら、白5を先手で利かして9のハサミツケでピッタリ白が凌いでいます。

今回は残念な内容でしたが、白が危ない瞬間もあり油断できない対局でした。
川端くんの今後の活躍に期待です!
次回は11月20日(火)に更新予定です。
内容はLeela Zeroを使っている棋士も増えてきたので、
改めてそのプロジェクトの概要を私なりにお伝えしたいと思います。
posted by プロ棋士さん at 17:41| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得