2018年10月23日

対局時のお昼休憩について①

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

いよいよ本格的に寒くなってきましたね。
皆さんも暖かくしてご自愛ください。

さて前回は対局時の電子機器の持ち込みについてお話しました。
その補足というわけではありませんが、
お昼休憩について今回はお話します。

棋士の対局は朝10時から開始になります。
そして11時40分くらいに何人かの棋士はそわそわしています。
何故かと言うと11時45分にお昼休憩に入るのです🎶

かくいう私もそわそわしている一人です(笑)
対局時の心理としては休憩前に難解な局面には入りたくないので
私の場合は11時半くらいから打つスピードを調整しています。

なので自分の番で休憩に入る事が多いかもしれません。
お昼ご飯は基本的には外でパンを買ってきて関西棋院の中で食べる事が多いのですが
鈴木敬施六段と同じ日に対局の場合は良く二人で外食しています

仲が良いのもありますが、鈴木六段食通で棋院の近くのお店にとても詳しいのです。
なので一緒に食べに行くというより、私が一方的に付いて行ってる感満載です(笑)

一応、毎回確認しているので鈴木六段も嫌々ではないかと思います💦

以前面白いことがありました…
ある日の手合の事。
その時はカレーを食べに行こう!という話になりまして、
鈴木六段にいかにも穴場なお店に連れて行ってもらいました。

席に座って「さぁ、何食べようかな?」とメニューを見たら……
カレーがどこにもありません
あるのはラーメンばかり!?

カレーを食べに来たら、気が付いたらラーメンを食べていた!!
何を言っているか分からないと思いますが本当の話です(笑)

どうもそのお店はスパイスが売りのお店でその時によってメニューが違うとの事。
鈴木六段もその事は知らず、以前来た時はカレーを出していたのでカレー屋さんだと思っていたそうです。

この様な体験は中々出来ないですよね!
因みにラーメンの方はとても美味しかったです

今回はお昼休憩に入った時のお話でしたが、次回は休憩直前に経験した面白体験をお伝えします。

次回は10月30日(火)に更新予定です。
内容はお昼休憩についての第二弾で、面白いエピソードを紹介いたします。
posted by プロ棋士さん at 14:31| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得