2018年10月16日

対局時の電子機器の取り扱いについて

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

気温的には寒くなって来ました。
ただ私の部屋はパソコンが熱を発しているので暖かいです(笑)

さて今回は対局時の電子機器の取り扱いについてお話したいと思います。
先月、ニュースになりましたが
日本棋院さんは10月から対局時には電子機器をロッカーに預けるルールになりました。

私はルールが変わってから交流手合を打っていないので
詳細はわかりませんが、関西棋院でも以前から議論はされてきました。
電子機器を制限する利用は皆さんもご存知の通り、囲碁AIの急速な進歩にあります。

もちろんハイエンドなGPUを使った分析ほどではありませんが、スマートフォンにもLeela Zeroはインストール出来ます。
私もLeela ZeroではありませんがAQをスマートフォンに入れています。
棋力はまだ私でも勝てる程度ですが、今後は更に進化するかと思います。

将棋の例を見るまでもなく、ルールを作るべきですが
どこまでやるかがとても難しい問題です。
一昨年くらいのニュースだったかと思いますが、チェスのグランドチャンピオンがお手洗いのトイレットペーパーの芯にスマホを隠していた事件がありました。

あるいはスマートウォッチみたいに腕時計と区別がつかない機器もあります。
もし完全にやるなら、公共の場所のチェックに金属探知機の導入や荷物検査など必要かもしれません。

将棋連盟さんは金属探知機を使っているそうですが、毎回ではなく抜き打ちで実施しているそうです。

おそらく究極は空港の様に金属探知機のゲートを通って、荷物はX線検査でしょうか💦
関西棋院でそれは現実的ではないので
落とし所が必要ですが、そこが難しい

スマホを預けるのは良いとして、誰もいない所に鍵もなしは怖いですよね?
もちろんスマホの使い方次第ですが、私的には財布に保険証を入れてる状態と一緒な感覚ですね。
なので雑な管理だと心配になります💧

分かりやすいのは対局時にはスマホを持って来ないのが一番ですが、それは強制出来ないのがまた難しい所です。

私が常々思うのは、なんだが江戸時代に逆戻りしてしてるのではと言う感覚です。
電子機器とは離れますが、小目に小ゲイマガカリが復活していますし、御城碁は缶詰で打たされて外界との接触は出来ませんでした
それにAlphaGoの打ち筋は本因坊道策を彷彿させます(笑)
それは置いといても、棋士が缶詰状態で対局するのも時間の問題かも……。

お昼休憩に、外で色々食べに行くのが楽しみな私としては困ったものです
皆さんも良いアイディアがあれば、是非教えて下さい!!
次回は10月23日(火)に更新予定です。内容は未定です。
posted by プロ棋士さん at 17:36| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得