2018年09月11日

広島に立ち寄った時の事

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

先週の台風は凄まじかったですね。
被害に遭われた方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

私も大阪在住ですが、数分間停電しただけで他は無事に済みました。
近くのバス停のベンチがえらい所まで飛んで行ったりはしてましたが💦

今回は8月の終わりに広島に立ち寄ったのでその時の話をしたいと思います。
立ち寄ったと言う表現にしたのは、愛媛県今治市に指導碁のお仕事がありまして
大阪から広島県福山経由で今治に行く経路になります。
せっかく広島に行くのだから、立ち寄らない理由はないと思い今回の広島観光の運びになりました。

広島と言えば、本因坊秀策の『因島』も有名ですが私的には『原爆下の対局』でしょうか。
簡単に説明すると1945年(昭和20年)8月6日に行われた第3期本因坊戦第2局の事で対局者は
橋本宇太郎本因坊と挑戦者岩本薫七段(いずれも当時)で対局場所は広島県になります。
対局中に原爆が落ちて来た事が有名で、当初は広島市内で行われる予定が市内は危ないという事で
急遽広島市郊外で行われる事になり対局者を含め関係者は九死に一生を得たというのが概要です。

当時の対局場所が見れたらと思いましたが、今は住宅街で特に見学者に開放されている様ではなさそうでした。
なので定番ですが原爆ドームを見学してきました!
DSC_0170.JPG
原爆ドーム

こういう歴史的な場所を実際に見ると改めて、こみ上げて来る感情がありました。
どんな悲惨な状況からでも人は立ち上がれるのですね。
それを確認できただけでも来た甲斐がありました!

さて色々見学していたらお腹が空いたので昼食を取ったのですが、広島と言えばお好み焼きですよね
という事でお好み焼き屋さんが所狭しと並んでいる「お好み村」に行ってきました。
DSC_0167.JPGDSC_0168.JPG
本格的な広島のお好み焼きを食べたのは初めてなので少し感動しました!
皆さんも広島を訪れた際にはお好み村をオススメします(笑)
次回は9月18日(火)に更新予定です。Leela Zeroの流行形の解説をしたいと思います。
posted by プロ棋士さん at 16:58| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得