2018年08月28日

囲碁AIとGPU①

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

今週広島今治に行ったりしたので、またブログの記事にしたいと思います。
今回は囲碁AIにも関係あるパソコンのパーツに関してお話をします。
いくつか専門的な話題になりますが、なるべく分かりやすくお伝えできたらと考えてます。

私は普段からパソコンを自作しているのでそれなりに詳しかったりします
最近では棋士仲間からもパソコンの事を良く聞かれます。

DSC_0751.JPGDSC_0754.JPG
私の自作したパソコンです。
上のロボットの人形はパソコンとは関係ありません(笑)

囲碁AIで重要なのがGPUと呼ばれるパーツでグラフィックボードとも言います。
GPUは本来はパソコン内の画像をディスプレイに出力するのが目的ですが
AIは画像認識で囲碁を捉えているのでGPUが重要なのですかね?

因みに「天頂の囲碁」や「銀星囲碁」などの市販しているものはGPUの支援を受けれないのでそこは注意が必要です。
大半のフリーソフトではGPUが有効で、私自身も「AQ」、「LeelaZero」でかなり効果があるのを確かめました。

現在、グラフィックボードは大元のチップを提供している会社が「NVIDIA」と「AMD」の2社があります。
AMDは最近話題の仮想通貨のマイニング(発掘)に有効などチップメーカーによって特色が違います。
囲碁AIを動かしたい場合はNVIDIA社の製品を選ぶと良いかと思います。
まだ私自身確認していませんが「PhoenixGo」というAINVIDIA社の製品が無難かと思います。

さて、現在NVIDIA社が出しているGPUは「GeForce GTX」の1000シリーズと呼ばれるもので1030から1080tiまで発売されています。
基本的には数字が大きい方が高性能と考えてもらって問題ありません。
私が使っているのは「GTX1060」で、そこまで不満はないのですが高性能になると検討でも信頼性が増します。

例えば「LeelaZero」はシチョウをちゃんと分かっていなかったり、五目ナカデをうっかりしたりと一部で不備があったりします。
GPUの性能が上がるとその辺りの問題も解消されるかもしれません。

ここまでの話をまとめると
・AQやLeelaZeroはGPU(グラフィックボード)が必要
※一応GPUなし版もありますが棋力はだいぶ落ちます。
・GPUはNVIDIA社のGeForceを買うのが無難
・GeForceは現行モデルが1030から1080tiがあって数字が大きい方が高性能

こうなります。
……と話がかなり長くなったので一旦はここまでにしておきます。
来週はGPUの今後の展開についてお話します。
次回は9月4日(火)に更新予定です。内容はNVIDIA社の新型2000シリーズについて書きたいと思います。
posted by プロ棋士さん at 16:50| Comment(0) | AI囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得