2018年08月07日

こども囲碁道場、夏期講習2018

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回はジャパン碁コングレスの事と私が作った詰碁の話でした。
今回は詰碁の解答と、こども囲碁道場夏期講習のお話をしたいと思います。

ブログ0730.png
黒先白死の問題です。

2018.0807a.png
黒1のコスミが急所になります。白2とツケた時に黒3とこちらからハネるのが好手で白はナカデになります。

2018.08.07b.png
この図は黒の失敗図です。黒1のサガリもありそうですが、白2と押さえられ左右に一眼ずつ出来て白が生きています。
前回お話しした通り、この詰碁はまだアマの頃に作った詰碁ですが実戦にたまたま出て来たので完全な創作とは言えないかも…
ですが、良い問題なので個人的には気に入っています

さて、今年も関西棋院こども囲碁道場夏期講習が7月の末に行われました。
今年は私は講師として参加は出来ませんでしたが、60名余りの子供達が参加して大盛況でした!
DSC_0147.JPG
DSC_0149.JPG
流石に60人が入れる部屋がないので、今回はABCの3クラスに別れて皆熱心に勉強しておりました。
その中で面白い勉強法をご紹介いたします。

一番上のAクラスで横田茂昭九段の授業で
2018.08.07C.png
この状態で黒から打って生きる事が出来るか、黒と白に別れて競い合います。
我々プロの感覚からしたら、まず生きないだろうという形ですが、子供達同士だとかなり黒が生きていた様です。
1回終わった後に黒白交換してもう一度やるので、攻める力と凌ぐ力の両方が身につきます。

この様にただ対局するだけでなく、様々な勉強を取り入れているので子供達にとってはとてもためになっていると思います。
夏休みに集中して勉強すると子供は特に伸びるので参加者のこれからの活躍に期待です🎵
次回は8月14(火)に更新予定です。
内容は本田邦久九段と8日(水)に対局するので、その内容と本田九段のエピソードを語れたらと思います。
posted by プロ棋士さん at 16:59| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得