2018年07月03日

懐かしい対局と院生の思い出①

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

この頃は日差しも強く、
本格的に夏になって来ましたね!
夏は囲碁関連のイベントも多くまた忙しくもあります。
このブログを見られている皆さんも是非、色々なイベントに参加して下さい

さて、明日4日は王座戦予選があり朝から対局なのですが、その相手は小野幸治四段です。
実は小野四段とは院生の同期で仲間でもあり、当時は数限りなく院生手合で対局したライバルでもあります。
関西棋院の院生は日本棋院と違って級位制です。
当時中学生で院生になった時、私は地元(香川)でアマ六段で打っていました。
級を決める試験碁を打った結果、院生の7級になりました。

今の院生の級は辛く、当時の私なら10級といったところでしょうか💦
基準としてはアマ六段=院生10級くらいの認識で良いかと思います。
そして10級から始まり6勝2敗以上の成績で昇級しますが、当然負けがこむと降級します

当時、小野四段と私の棋風は割と近くて力任せにガンガン攻める碁が多かったのです。
そのせいか2人で打つと盤中で戦いが起こって凄い事になりました(笑)

流石にプロになった今ではそんな激しい碁にはならないと思いますが明日の対局はとても楽しみです!
現在関西棋院には130名弱の棋士がいて、同期の仲間とも滅多に当たりません。
小野四段との対局も数年ぶりかと思います。

当時を懐かしみつつも負けられない対局なので来週は明日の対局の内容を振り返るのと院生当時の面白エピソードをお伝えします。
次回は7月10日(火)に更新予定です。
内容は小野四段との対局の検討と院生時の面白エピソードをお伝えします(笑)
posted by プロ棋士さん at 08:00| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得