2018年05月29日

師匠との対局①

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回、追記でお知らせした通り先週水曜日に師匠と手合で対局したので思い出も含めながらお話したいと思います。
関西棋院HPのプロフィールを見てもらえれば分かりますが、私の師匠は苑田勇一九段になります。
中学生の時にプロになるために四国の香川から大阪に出て来て、苑田九段のご自宅に住まわせてもらいながら勉強する
いわゆる『内弟子』になりました。
時代の流れでしょうか、今では内弟子の人は殆ど見かけなくなりました。

苑田九段には弟子入りの最初の時に3子で打って頂きました。
当時、私は地元の香川ではアマの六段でブイブイいわしてました(笑)
それでも3子でボロボロに負けてしまったのを今でも覚えています。

当時は苑田九段の検討に「なるほどと思うけど、自分には真似出来ないな…」と思ったものでしたが、今回対局してみて、かなりの部分で「あぁ、先生は次こんな事を考えているな」と分かる様になったのが何より嬉しかったです。
つい最近、こども囲碁道場でペア碁をした時にペアを組んだ女の子から「先生(私)の打つ手全く分からない!」と怒られてしまいました💦
やっぱりお互いの打つ手が分かるのが一番楽しいですよね♪

さて肝心の碁の方ですが、私が白番です。
実戦は白がC17と三々に入りました。この局面をAIに分析させたところ
ブログ20180528.png

ブログ20180528B.png
1のツケを推奨されました
奇抜な手に見えますが、三々だと黒は間違いなく下から押さえて来るのでこちらに一路寄せるのは理にかなっています。

下の碁は中国の於之莹六段と袁亭昱二段の対局ですが、やはり三々ではなくツケていますね。
星に対してのツケはこれからの主流になるかもしれません。

ブログ20180528C.png

今回は序盤まででしたが、来週に中盤以降の解説と内弟子時代の思い出をお話したいと思います。

次回は6月5日(火)に更新予定です。
内容は師匠との対局の続きとまたまた思い出を語りたいと思います。
posted by プロ棋士さん at 10:00| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得