2018年05月15日

囲碁AIの活用②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

このブログを書いている現在、とても天気が良く気温も高くて暑いくらいです💦

さて、前回私がAIを囲碁の勉強に活かしているお話をしましたが、今回は具体的にどの様な感じでやっているかお伝えしたいと思います。
まず自分の打った碁の分析ですが「Go Review Partner」というソフトを使っています。
↑のリンクからダウンロード出来ます。自分のPCに合ったものをダウンロードして下さい。

①解凍したフォルダのGoReviewPartner.exeをクリックしたらソフトが起動します。
②Run a SGF file analysisをクリックして分析したい棋譜ファイル(SGF形式)を選びます。
③出てきた画面は設定画面なので特に変えなくても大丈夫です。そのままStartを押して下さい。
ブログ1.png
この様な画面が出るかと思うので、しばらくお待ち下さい。
読み込みが完了すると↓の画面が出てきます。これがメイン画面ですね。
ブログ2.png
④右の碁盤にAとBがありますが、例えばAにカーソルを合わせると
ブログ3.png
Aの変化図が表示され、Bにカーソルを合わせるとBの変化図が出ます。
⑤メイン画面下の真ん中にあるTableをクリックすると候補手の勝率が出ます。
ブログ3.png
こういう画面は従来の勉強法では中々ないので新鮮ですね!
後、この「Go Review Partner」には面白い機能がありまして、勝率をグラフ化出来ます。
⑥メイン画面の右上のGraphsをクリックしたら↓のグラフが出ます。
ブログ3.png
これは黒から見た勝率のグラフですね。
こういったグラフも従来では無かったので見ていて楽しいです。
因みに私の手合時の勝率グラフは上下激しく全く安定していません
これからの課題ですね……。

新しい囲碁AIまたはソフトがどんどん出ているので、気分転換のつもりでこれらを試してみるのはいかがでしょうか
もし今回の記事で分からない事があれば、分かる範囲でお答えします♪
次回は5月22日(火)に更新予定です。
内容は未定ですが、囲碁AI同士の棋譜を見れるサイトがあるのでそこを紹介したいと思います。
posted by プロ棋士さん at 16:17| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得