2018年02月19日

熊野2018②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回は那智黒石で有名な三重県の熊野市の
子供教室の様子をお伝えいたしました。
午前中は私の講義(今年はユルミシチョウについて)をやった後に子供たち同士での対局が中心でした。

子供教室は午前まででしたが、お昼から
私の指導碁を行いました。
子供たちだけでなく保護者の方も参加していただいて和気あいあいと打てたと思います。

たまたま、指導碁の際に詰碁的な形が出来たので皆さんにも考えて頂きましょう(笑)

無題.png

実戦はもっと盤面が混み合っていたので
簡略化しました。
黒先で生きる問題です。
詰碁という訳ではないので、一手目は何手かありますが筋は同じになります。

実戦はこの右下隅の黒は死んでしまいましたが、問題だと簡単でも実戦で正解するのは難しいですよね。
ただ、問題で出来ないのが実戦で急に出来る事はないので普段から詰碁などを解いておくのは重要です。
次回は2月26日(月)に更新予定です。
熊野で那智黒石の製品を扱っているお店にお邪魔したので、その時の事を写真を交えてお話したいと思います。
posted by プロ棋士さん at 14:26| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得