2018年02月15日

熊野2018①

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

更新が遅れてしまい申し訳ありません。
ここ数日間は風邪で寝込んでいました💦
体調管理はしっかりしないといけませんね…。

今回は先月お邪魔した熊野について数回に分けてお話したいと思います。
三重県の熊野と言えば、那智黒石が有名で囲碁をする方ならご存じの方も多いのでは?

私は年に一回熊野にお邪魔して、講師としてこども教室に参加させて頂いてます。
普段はアマの講師の方が教えてらっしゃるので、プロ棋士が来ると珍しいのか子供たちの反応が新鮮で面白いです。
それでも対局中の子供たちの真剣さは万国共通の様です。

DSC_0939 (1).JPG
     対局中の様子
DSC_0938.JPG
  中央はアマ講師の川邊さん

もう一つ、この熊野のこども教室で特筆すべきは使っている盤石です。
普通このような教室だとプラスチックの碁石にゴムの盤ですが
なんとここでは蛤の白石に那智黒石、榧の板盤超豪華です!
DSC_0940.JPG
  豪華な盤石

このような環境で碁を打てるのは羨ましい限りです。

前回お邪魔した時より子供たちも強くなっており
成長を肌で感じました。
これも教える方の喜びの一つです。


次回は2月19日(月)に更新予定です。
熊野こども教室で指導碁をした時の様子を伝えられたらと思います。
posted by プロ棋士さん at 16:23| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得