2018年01月15日

プロ棋士の研究会②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

今回は延び延びになっていた棋士の研究会のお話の続きをしたいと思います。
前回は私がグッチ研に参加していて
和やかな雰囲気で対局していると言う所までお話したかと思います。

そして、研究会に欠かせないのが「幹事」の存在です。
棋士というのは、みな一国一城の主なのでまとめる人がいないと研究会も空中分解してしまいます(笑)
なのでメンバーで誰かが毎回幹事をしています。
実は私が去年までグッチ研幹事を務めていました❗

幹事の具体的なお仕事は
①研究会の日程をメンバーに告知する
基本的にグッチ研は毎週火曜の10時開始ですが、稀に対局室が別件で使えない場合があるのでその時はメンバーに知らせないといけません。
②対戦相手の組み合わせ
グッチ研は現在8週で1クールのリーグ戦を行っているので、相手がかぶらなように組み合わせます。
③参加費と賞金の管理
グッチ研では参加者から会費を取って、それをリーグ戦の賞金に回しています。
なので幹事は金庫番でもあります。
④忘年会の手配
実はこれが一番大変で、メンバーの日程合わせからお店のチョイスまでかなり気を使います。
以前モツ鍋屋さんで忘年会をした時に某女流棋士に「先生、デザートが出ない忘年会はありえません💢」と怒られた事があります💦
幹事は女性の心も読まなければなりません(笑)

そんな私も去年で幹事のお役目御免になったので今年は肩の荷が下りました。
新幹事の原正和二段に期待です‼

DSC_0800.JPG
    研究会の様子
向かって右から伊藤二段、原二段、西方院生


次回は1月22日(月)に更新予定です。
posted by プロ棋士村長さん at 15:22| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得