2017年12月18日

近畿高校囲碁選手権

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

先週は研究会の様子をお伝えしました。
今週はその続きをと思っていましたが、
ホットな話題が入ってきたので
今回はそちらをお伝えしたいと思います。

12月の16~17日の二日間に渡って、
アルプス江坂囲碁センターにて
近畿高校囲碁選手権が開催されました。
16日が個人戦、17日が団体戦で高校生達が熱い戦いを繰り広げました。

私は16日の個人戦で審判および指導棋士として参加させていただきました。

DSC_0807.JPG
     大会の様子
流石に高校生の大会だけあって、レベルが高い対局が多々見受けられました。
ただ、うっかりなのかダメ詰めの時にアタリに突っ込む選手もいて、そこはご愛嬌と言った感じでした(^^)

私は子供教室の講師をしていた事もあり、選手には元教え子がたくさんいてお昼休憩の時に雑談をしました。
みんなしっかりしていて、人として成長を感じました。
若い人の成長速度には驚かされるばかりです。

審判の他に指導碁もして高校生達に技術指導も出来、自分的には大変充実した1日でした。
ただ、閉会式でいきなり大会の総評コメントを求められ大慌てしたのは内緒です(笑)

DSC_0809.JPG
  こちらは9路盤の女子部門
DSC_0812.JPG
        表彰式の様子
posted by プロ棋士村長さん at 16:05| Comment(0) | 囲碁大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得