2017年12月11日

プロ棋士の研究会①

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。


今回はプロ棋士の研究会についてお話したいと思います。
研究会と聞いて皆さんはどの様なイメージ
持たれますか?

研究と聞くと検討するイメージがありますよね。
もちろん、そういう趣旨の研究会も存在しますが
実際は対局中心の研究会が多い印象です。

プロ棋士は囲碁の勉強をするのも仕事の内ですが
その時に困るのが対局相手がいないという事です。
詰碁や棋譜並べは一人でも出来ますが、対局はそうもいきません。
ふらっと、碁会所に行って碁が打てれば楽なのですが…

最近はインターネットやコンピューターもあるので昔ほどではないにしても
やはり対人で打つには研究会がベストになります。

関西棋院には昔からある研究会が2つあり私が参加しているのがその内の一つで毎週火曜日にある
グッチ研」です。
元々は滝口政季九段が始められた研究会で滝口先生から名前を取って「グッチ研」になったかと思います。
そのネーミングは関西棋院らしくて私は好きです(笑)

内容は対局して、その後に検討となります……
と書くと、如何にもしかめっ面をしている棋士が
目に浮かぶかと思いますが
実際には和やかな雰囲気で対局しています。

特に某若手棋士は、時たまニヤニヤしながら楽しく打っております。
ノリとしては完全に碁会所のおじさんです(笑)


一回では書ききれないので残りのエピソードは
次回にお話したいと思います。

posted by プロ棋士さん at 16:57| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得