2017年04月21日

幻庵-勝手にこぼれ話 ~下P272

P272
『井門の秘手解説』




P272
『井門の秘手解説』

ここ一番のために、井上一門で研究していた一手。

その中身を少し解説します。
下図の黒33が『井門の秘手』です。

1.jpg

下図、白1なら黒2が狙い筋。
黒6までコウです。
※白イなら黒ロで白が深刻なコウ

2.jpg

ということで下図。
黒2に白3でも黒4まで、白イでコウです。
もしも白5とコウを避けると黒10まで白が危ないので、白5ではイとコウを争うことになります。

白はコウではいずれも悪いので無条件の受け方を目指します。

5=(1の右)

3.jpg

下図の白1が冷静な受けですが、黒2から4が手筋。
※白3でイは黒3で上図と同じコウです。

白9まで生きはあるものの、これだけ黒の形がきれいになっては不満。
これが黒△の妙手の理由です。

4.jpg

下図、黒33の切りを丈和が見ていなかったのかどうかは分かりませんが
ここから白が苦戦に陥ったのは本の通りです。

1.jpg


次回はP280までです。




posted by プロ棋士村長さん at 00:00| Comment(0) | 『幻庵』勝手にこぼれ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得