2017年02月22日

『もし声』はこうして作られた。

わくわく囲碁の村の


通称『もし声』は、プロ棋士の本音が知りたい!

と、思ったのが作るきっかけでした。




一般的には、棋譜や棋譜解説からプロ棋士の碁を見ることになりますが、プロが解説する時点では、色々と調べてからの解説ですので、
どうしても優等生的なコメントになります。

「この手が悪手で、こう打てば良かった」

「この手はこういった狙いと意味があります」

等々・・・。

それ自体は整った良い「製品」という解説をアマの方にお届けするので良いのですが、

プロ棋士も人間ですので、対局中に全てを分かって次の一手を決めているわけではありません。

その対局中の思考や悶え苦しんでいる
「生の考え」を知りたい!

それこそが「生きた解説」なのかなと思いました。

どうにかならないかな~

と、色々と考えている中で、
対局中に本人に語ってもらうことはできないか?

でも相手に聞かれるとまずいしな~


そこでネット対局で、別々の部屋で語ってもらおうということになりました(笑)

それを生で録画したのが『もし声』です。


できあがった動画をチェックしていて感じたのは

想像以上におもしろい!

「このプロ棋士はこんなことを考えていたのか!」

「私には思いもよらないことまで考えていた!」

「考え方の前に価値感がまるで違う!」

など、色々な驚きがありました。

また、両対局者の動画が別々に収録されているので、Aプロはここで困っているのに、実はBプロは更に困っていた。

なんてことも、
動画を比べて見るとおもしろいのです。

形勢判断なんかも、どちらも自分が良いと思っていたり(笑)

通常の解説では隠される部分が多いのですが、
プロ棋士の人間的な本音が聞けるのは『もし声』のおもしろいところです。



『もし声』無料版で、1局をA対局者B対局者フルバージョンが見られます。


村人登録がまだの方は、下記から登録してご覧ください。

igonomura.jpg



posted by プロ棋士村長さん at 00:00| Comment(0) | ★ 無料館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得