2016年12月14日

近い将来、良い碁盤が買えなくなる!?

皆さんは、家に碁盤をお持ちでしょうか?

最近は打つだけならインターネットで良い意味もありますが、碁笥から石を手に取り、高級感ある碁盤に打ち下ろすあの感覚は、何とも言えない至福の感覚を覚えるのではないでしょうか。

そんな高級碁盤が、中々手に入らなくなる日がくるかもしれません。

board.jpg




高級碁盤は当然ながら木から作られています。

これだけ聞くと、そりゃそうだと思われるかもしれませんが、その木から1つか2つしか作られないと聞くとどうでしょうか。

つまりあなたが今まで使ったことがある高級碁盤というのは、木を一本買ったようなものです。

a1150_000376  碁盤 木.jpg


木が育つのは長い年月が必要ですよね。

30年?
50年?
中には樹齢100年以上の碁盤もあるでしょう。
高級碁盤になると樹齢300年以上のものです。

あなたが使ったことがある碁盤は、その長い月日の歴史をも買ったことになります。
すごい贅沢ですね(笑)


囲碁は昔から上流階級の方が嗜まれているのは、そういった碁盤を使っているのもひとつの理由でしょうか。

その碁盤が、近年の生活環境の変化で、和室が減りつつあったり、生産過多によって、作られなくなりつつあるようです。

もしもインターネットだけの囲碁や、薄い安物の碁盤、プラスチックの碁盤だけになったら少し寂しい感じですよね。

囲碁自体のゲーム性やおもしろさは変わらないかもしれませんが、自然から作られた碁盤や碁石の味わいがなくなると、なんだか貧しく感じはしないでしょうか。

私もネット囲碁はよく利用していますが、家の和室に高級碁盤と高級碁石・碁笥の環境は作りたいなと思っています。

皆さんはどのような囲碁環境で囲碁を楽しまれていますでしょうか。


高級碁盤・高級碁石のことなら『井上一郎碁盤店』



posted by プロ棋士さん at 00:00| Comment(0) | 囲碁雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
RSS取得