2020年01月07日

院生の事、強くなるという事②

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

皆さんは年末年始はどの様に過ごされましたか?
私は実家の香川に帰って、本を読んだり詰碁を作ったりとのんびりと過ごしました。
1年目と違うのは大阪の自宅パソコンをオンにしたままにして、実家のパソコンで遠隔操作して
AILeela Zeroとも対局していました。
今のLeela Zeroの強さは凄まじいもので、互先で打つと60手くらいでもう必敗の形勢になっています💦
最近はLeela Zero相手に100手まで持たせるのが今の目標です。

さて、前回私が指導している院生の男の子の悩みを私の経験を踏まえてアドバイスした話をいたしました。
今回は過去の経験ではなく、今後の囲碁の未来、または展開をお話したいと思います。

今まで囲碁を覚えた時はアタリ最初に覚えて、かなり早い段階でシチョウを習うかと思います。
もし囲碁を打つ『人』で、シチョウを知らないのは入門者くらいではないでしょうか?
ここで『人』と強調したのはLeela Zeroを始めとしたAIは人の実力を超えていますが
実はシチョウが読めていなかったりします。
AI同士の自己対戦でもシチョウを最後まで逃げて大石ポン抜かれる碁がたまにあったりします。

なのでプロ棋士はシチョウを知らないAIに2子とか3子置くわけです。
これは今まで常識とされていたものが本当に重要かを見直すきっかけになっています。
逆に言えば、本当に重要なものをAIを通じて学べる可能性を持っています。
通常、院生くらいになると上達するスピードはかなり遅くなりますが
真に重要なものを見つけられれば院生でも直ぐに上達して入段する可能性がこれからあるのではないでしょうか?

それと今まではプロになれない見込みの子は師匠や院生師範から何歳までに何級になれないと諦めなさいと言われます。
いわゆる、首を切る宣言をするので言う方も辛いですが、今までは仕方ない行為ではありました。
しかし、これは今まで師匠や院生師範ひいてはプロ棋士が囲碁の強さの天井だったから言えた事でした。
※プロ棋士でも強さにバラツキはありますが、あえて天井と言う表現にしました。

これが例えば、アマ5~6段の方が院生の子に「君の実力ではプロ棋士になれないよ」と言ったらどうでしょうか?
私であれば「それ本当かな?」と疑ってしまいます。

アマ5~6段は先程の表現で言えば天井であったプロ棋士に3子くらいでしょうか。
天井3子の差がある人の発言がどれくらい信憑性があるのか……
実は現在、天井のAIと3子差のプロ棋士と言った関係になっています。
この状態で師匠や院生師範の言葉にどれくらい信憑性があるのか個人的には疑問です。

まとめると、今までの常識は通用しない時代に突入しているので
どんな子でもプロになれる可能性があるので周りの声に惑わられないで努力するのが大事と彼には伝えました。
幸いな事に院生を続けるみたいなので、今後も適切に指導して行く所存です!
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 18:11| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得