2019年10月24日

詰碁が出来るまで①

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

最近、寒かったり暖かくなったりと気温の変化がかなりありますね。
この時期は風邪とか引きやすいので体調管理に気をつけないといけませんね

さて今回は詰碁が出来るまでの流れを皆さんにお伝え出来たらなと思っています。
詰碁が出来ると言っても問題を解くのではなく、作る方のお話です
当ブログにも何度か私が作った詰碁を載せさせて頂きました。

棋士の中にも普段から詰碁を作る方とそうでない方がいます。
私は前者ですね。
ただ、詰碁の作り方といってもそれぞれで違うと思うので
今回は私の場合は…という事になります。
こう書くと「あくまで個人の感想です」という通販のフレーズを思い出します(笑)

私の場合は急にゼロの状態から作る事はありません。
石を適当に配置してそこから作る方の話を聞いた事がありますが
私はそういうのは全く出来ないので本当に羨ましい限りです💧

それならどうやって、詰碁を作っているかというと
自分の実戦や棋譜並べから、詰碁になりそうな形をメモしておいて
後から詰碁の形に整えるパターンがほとんどです。

無題.png
上の図はある時の指導碁で出て来た形です。
確か9子局だったかと思います。

無題.png
実戦は黒1とコスまれました。
見事な一手で黒が二眼を確保して生きています。
ただ、問題としては不完全で実は1以外にA,B,Cでも黒が生きています。
当然ですが、初手に解答が複数あるのは失題になってしまいます。
そこでちゃんと問題として成立するように形を整えていきます。

無題.png
形を整えました。
雰囲気は変わりましたが、だいぶ詰碁っぽくなりました(笑)

無題.png
この形で黒1のコスミで正解ならば問題完成ですが、
はたして?
私の第一感ではまだ一工夫が必要の様です。
この形でどこに不備があるのか次回検証いたします。

続きを読む
posted by プロ棋士さん at 11:00| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得