2019年07月30日

ジャパン碁コングレスin金沢②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回、7月12日(金)から15日(月)まで行われた「ジャパン碁コングレスin金沢」の前半についてお伝えしました。
今回もその続きで後半編として、色々お伝えしたいと思います。

13日はメインイベントが話題性があって、マスコミの方が多く来られてました。
そのメインイベントとは……
ゼイ廼偉九段仲邑菫初段にエキシビションマッチです。

世界初の女性で九段になられたゼイ廼偉九段の事は説明不要でしょう。
現在でも女性の九段は世界でも少ないのでその凄さは変わりません。
対して、最年少プロの仲邑菫初段も皆さんはよくご存知だと思います。
この二人の対局となると、マスコミでなくとも注目したくなります。

この対局はパンダネットさんでも中継されたので棋譜が気になる方はこちらから見て下さい。
ダウンロードしたファイルはこちらのソフトを入れれば見られます。

DSC_1248.JPG
当日はネット中継の手伝いをしていたので、舞台の横からしか撮れませんでした。
15644747848070.jpg
ご覧の通り、正面は報道陣でいっぱいなので
そもそも正面からは無理そうです💦
この対局の記録とライブ中継自体は出口万里子初段にやってもらって私は舞台横で待機してましたが…。
対局が始まり、見守っていると出口初段から
LINEで「中継出来ません」の文字が!
慌ててパンダネットさんに連絡をして原因を調べてもらい
その方法を私からLINEで出口初段に伝えてなんとか事なきを得ました
中継をリアルタイムで見ていた方、申し訳ございませんでした。

でも最近はLINEなどで、文字でのやり取りがスムーズに出来て便利ですよね。
流石に記録中に電話でやり取りするのは無理ですもんね。
結果的に無事に配信出来て良かったです。

そして、13日はNHKさんから「囲碁フォーカス」の取材で稲葉かりん初段の指導碁にスポットを当てていました。
15644749785021.jpg
指導碁を受ける方も色んな国の方がいらして、まさしく碁コングレスに相応しい光景でした。
今回の(も?)ジャパン碁コングレスは完全に裏方でお仕事だったのであっち行きこっち行きでてんやわんやでしたが
来ていただいた参加者の方々にも満足していただけて、本当に良かったです。

来年は場所がまだ本決まりではありませんが、来年のジャパン碁コングレスには皆さんのご参加お待ちしております

続きを読む
posted by プロ棋士さん at 18:15| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得