2019年01月08日

2019年関西棋院打ち初め式

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします

巷では平成最後の〇〇と言うフレーズが溢れていますね。
今年の5月に元号が変わりますがどんなのになるか興味津々です

さて、1月5日は囲碁の日と言うことで関西棋院にて打ち初め式が執り行われました。
DSC_1043.JPG

最初に正岡理事長の挨拶があり、その後は参加者と棋士の連碁となりました。
連碁らしい目まぐるしく攻守が入れ替わり、とてもエキサイティングな内容でした。

連碁の後は立食パーティーでその次に指導碁という流れでした。
来て頂いたお客様には楽しんで頂けたのではないでしょうか?

かくいう私はこの日はスタッフとして参加したので、碁は打たず打ち初めとはなりませんでしたが
この記事を書いている1月8日(火)に研究会にて打ち初めをしました

ブログ0108a.png
私の白番で相手は院生の子です。
実戦の白1が軽率な手でしたが、黒2の受けも白にお付き合いした悪手。
白3に回れば、白良しの形勢です。
黒2では…

ブログ0108a.png
黒2を先手で決めた後、4から動き出すのが中々しぶとい手で白は打つ手に困ります。
黒からAが利き筋なので眼には困りません。
黒△に石が来ているので白1に手抜きしても大丈夫なのでした。
お互い手拍子の悪手でしたね

皆さんの打ち初め式はいかがでしたか?
今後共このブログを宜しくお願いします。

続きを読む
posted by プロ棋士さん at 16:36| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

2019年自作詰碁出題編

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

先週は打ち初め式のお話をいたしました。
その次の日の水曜日に今年最初の手合も打つ事が出来、大体の『今年初』は済ませました

さて、前回告知した通り今回は私が作った詰碁を久しぶりにお見せしたいと思います。
私は普段、対局や棋譜から詰碁になりそうなものをメモしておいて年末年始にじっくりと問題作成に勤しんでいます。
今回の年末年始には十数問作る事が出来ました。

無題.png
まずは基本的な問題を…。
黒先白死の問題です。
手順がとても大事です。

無題.png
次の問題です。
黒番です。Aの切りが気になりますが、
守っている余裕があるかどうか。
石の下の筋をを使います。

無題.png
かなりの難問です。
辺の一合マスにしては珍しい筋での正解となります。

今回はこの3問を出題します。
答え合わせは次週に行います。

最近は囲碁AIがだいぶ認知されましたが、詰碁を解くAIと言えばパンダネットさんの『パンダ先生』が有名です。
昨年、パンダネットさんにお邪魔した時もパンダ先生の制作秘話もお聞きしました。
なんでも熱心な社員さんがほぼ個人で作られたそうです。
やはりいいものが出来るのは情熱が大事なんですね

確かパンダ先生は巨大な詰碁や外に脱出する詰碁は苦手だったと記憶しているので、今後の開発でアップデートが出来るのを個人的に楽しみにしています。

今の囲碁AIは部分的な死活や攻め合いに問題ありなので、そこがパンダ先生の様なプログラムにバトンタッチ出来たら正しく無敵ですね
人間相手にほぼ無敵のAIでもまだ強くなる余地があるのに人間が頑張らない訳にはいきませんよね。
私も改めて頑張りたいと思います!
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 17:12| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得