2018年10月09日

GeForce RTX 2080のレビュー

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

台風のせいか一時的に気温が上がりましたが、ようやく寒くなり段々と冬に近づいている感がありますね。
皆さんも体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて前回の予告通り、個人の趣味ではありますがパソコンのパーツ『GPU』の新型を購入いたしました。
今回はその感想を伝えられたらと思っております。

以前、囲碁AIには『GPU』(※グラフィックボードとも言います)が重要というお話をいたしました。

今回私が購入したのはNVIDIA社の「GeForce RTX2080」を購入しました。
より上位の「GeForce RTX2080ti」もほぼ同時に発売されましたが、

①値段が高い(日本で買うと20万円します)
②発熱量が2080よりも多い
この2つの理由でGeForce RTX2080」を買うことにしました。

DSC_0180-01.jpg
まずは箱です。大きさはこの写真では分かりづらいかと思いますが…

DSC_0181-01.jpg
真ん中の黒くてファンが3つあるのが今回買ったGPUです。
箱から出した感想は「デカい!?」でした。

実はこの様な高性能のGPUを買うのは初めてで若干戸惑いました。
高性能の製品をハイエンドと呼びます。
因みに私が以前使っていた「GeForce GTX1060」はミドルレンジという位置付けでした。

その大きさに戸惑いながらも自分のパソコンに組み込み、スイッチを入れると……
無事に起動しました。
がしかし、そこで問題が!?

上の写真のファンの裏側は金属製のバックプレートなのですが、そこに電源のケーブルが一部接触してしまいました💦
接触するくらいなら問題ありませんが、時間が経つにつれバックプレート凄い熱さに…
少し大袈裟に言うと、目玉焼きくらい焼けそうです
こんな場所に電源ケーブルを接触したままには出来ません。
考えた末に電源をケースの外に出すという苦肉の策で対応しました。

がこもるのも困るのでパソコンケースの両サイドと天板は外しております。
本当なら、写真でお見せするべきなのでしょうが余りに不格好なので許してください

ただ、性能の方は素晴らしく向上して以前より2~3倍の深さを読み込ませてもまだ余裕がありそうです。
そのため以前は不安要素があった死活が絡んだ攻防はかなり信頼性が増した感があります。 

囲碁のブログなのに囲碁のことは上の2行だけという自体に私もびっくりです(笑)
注意点としては同じ「GeForce RTX2080」でも製品によっては熱くならないのもあるかもしれませんので
その辺りは製品のレビューをチェックすれば良いかと存じます。

因みに私が購入したのは「GV-N2080WF3OC-8GC」という型番になりますのでご参考に
性能自体は旧製品よりはっきり上なので、元々ハイエンドのパーツ構成を考えている人は問題ないかと思います。

以上、GeForce RTX 2080のレビューでした。
ご質問どしどしお待ちしています!
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 18:12| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得