2018年07月03日

懐かしい対局と院生の思い出①

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

この頃は日差しも強く、
本格的に夏になって来ましたね!
夏は囲碁関連のイベントも多くまた忙しくもあります。
このブログを見られている皆さんも是非、色々なイベントに参加して下さい

さて、明日4日は王座戦予選があり朝から対局なのですが、その相手は小野幸治四段です。
実は小野四段とは院生の同期で仲間でもあり、当時は数限りなく院生手合で対局したライバルでもあります。
関西棋院の院生は日本棋院と違って級位制です。
当時中学生で院生になった時、私は地元(香川)でアマ六段で打っていました。
級を決める試験碁を打った結果、院生の7級になりました。

今の院生の級は辛く、当時の私なら10級といったところでしょうか💦
基準としてはアマ六段=院生10級くらいの認識で良いかと思います。
そして10級から始まり6勝2敗以上の成績で昇級しますが、当然負けがこむと降級します

当時、小野四段と私の棋風は割と近くて力任せにガンガン攻める碁が多かったのです。
そのせいか2人で打つと盤中で戦いが起こって凄い事になりました(笑)

流石にプロになった今ではそんな激しい碁にはならないと思いますが明日の対局はとても楽しみです!
現在関西棋院には130名弱の棋士がいて、同期の仲間とも滅多に当たりません。
小野四段との対局も数年ぶりかと思います。

当時を懐かしみつつも負けられない対局なので来週は明日の対局の内容を振り返るのと院生当時の面白エピソードをお伝えします。
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 08:00| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

懐かしい対局と院生の思い出②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

日差しが強いかと思えば、急に雨が降ったりとこの頃は天気の変化が多く皆さんの体調は如何でしょうか。

先週お伝えした通り、7月4日に小野幸治四段との対局がありました。
結果は残念ながら負けてしまいましたが、同時に反省点も多い碁でありました。

無題.png
私が白番で1とケイマにかけた感じは悪くないかと思います。
無題.png
局面が進んで黒が下辺真ん中で居直って来ました。
この黒をどう攻めるかが悩ましいところ。
私は白1から眼を奪って、それから白3とボウシする作戦を取りました。
黒4はスピードは早いが薄さが目立ちます。
Leela Zeroに分析させたところ、この時点で白の評価値が60%台なので白が悪くない形勢かと思います。
ここで皆さんはどう打ちますか?
無題.png
上の図が第一感で黒の薄みを突いて厳しい手ですが
黒に眼形が豊富なのが不満でした。
無題.png
なので実戦は白1と打って、繋いでくれたら今度は白3とツケて白が上手いのですが黒2とは打ってくれず当てが外れました。
プロアマ問わず勝手読みは駄目ですね💦
無題.png
上の図がLeela Zeroが示した手で非常に厳しく、古谷 裕 八段もこの図は分かりやすくて決め手やねと太鼓判をいただきました。
この図は全く気が付いていなかったので参考になりました。
無題.png
この局面の分析図です。
私の打ったノゾキが59%Leela Zeroのノゾキが68%になっています。
ノゾキでも差がありますね(笑)
ここから激しい展開になるのですが、それはまた来週に解説したいと思います。

では小野四段の院生時代のエピソードを…
ある院生手合の時に当時の小野院生はお手洗いで席を外していました。
戻ってくると対局相手が席を立って、外の景色を眺めていたんですね。
そうなると当然相手は着手したもんだと小野院生は思い、座布団に座ると同時に気合よくバシーンと打ちました!
気合の良い小野院生ならではです。
ですが実は……相手の番だったのです!
なので小野院生は二手打ち負けとなりました💧
院生手合で二手打ち負けは私の知る限りこの一局だけですね
当時私は間近で見ていたのでかなり衝撃的でした。
今でも鮮明に思い出せそうです。

そんな気合が良すぎてお茶目なのが小野四段の人柄です
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 15:24| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

懐かしい対局と院生の思い出③

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

昨日、四日間あったジャパン碁コングレスも無事に終了して一息つきました。
スタッフ及び関係者の皆様はお疲れ様でした。
ジャパン碁コングレスの様子は来週にお伝えしたいと思います。

今回は小野四段との対局パート3になりますが
実はジャパン碁コングレスで同じスタッフとして小野四段と一緒にずっと仕事をしておりました(笑)
小野四段は獅子奮迅活躍で、交流対局の組み合わせを捌いていました。
彼はこういう時にも真価を発揮します

0717a.png
さて前回の続きですが、私が白番で黒がM17に受けたところです。
皆さんはどう打ちますか?

0717a.png
AIに分析させたら白1からのハネツギが一番評価値が高かったです。
しっかりと隅の陣地を確保して冷静な手です。
0717a.png
実戦は隅を守るのが辛いと考えて、白1にマガりましたが
当然、三々に入って来られむしろ隅の白が危険になってしまいました。
私の悪い癖で辛抱が効かない時があります。
この碁もそんな面が出てしまいました。
今後の課題ですね💦

話は変わりますが関西棋院の棋士の間でもLeela Zeroの話がだいぶ出る様になりました。
いよいよAIで勉強するのが当たり前の時代になってきたのでしょうか。
パソコン好きの私の知識が棋士仲間に役に立てそうで嬉しく思っております
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 16:10| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得