2018年06月12日

師匠との対局③

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回は師匠の苑田九段との対局で次の一手を出題しました。
ブログ0604D.png
この局面ですね。
局後の検討では黒模様の消し方が難しいとの話でした。
そしてこの局面をAIに分析した結果…。
ブログ20180612.png
白1がAIの次の一手でした。
示された最初は頭の中が「?」でいっぱいでした。
黒2は第一感ですが、これには白3を先手で決めてから白5のシマリはびっくりしました。
白1~3の二手だけで仕事が終わった顔をして、最初はAIに腹が立ちましたが(笑)
これを咎めるのが難しいのです。
ここで変化図を一つ
ブログ20180612B.png
白1に黒2と受けると、グイグイ押していくのが好手。
もし白7に対して黒8と頑張って受けると白9からの11が決め手で黒の陣地が破れます。

今まで我々棋士でも中央の感覚が難しく、隅や辺と違って定石が無いのである意味ブラックボックスでした。
棋士の実戦で初手天元があまり無いのもそう言う事情です。
しかしこれからはAIがその辺りを解明してくれるかもしれません。

弟子の私が言うのは恐縮ですが、苑田九段の棋風を自分なりに分析すると
中央が厚いのでなく、筋が厚いと言った印象です。
分かり難くてすみません…。
言葉にすると非常に難しい💦
例えるなら、私ならその場で耐えてるならOKな所を苑田九段はもっと相手の石が来ても大丈夫な様に打ってらっしゃる印象です。
それでも遅れていないのが本当に不思議です

苑田九段は今も尚情熱を持ってて、毎週火曜に関西棋院で苑田研究会(通称、苑研)を何十年も続けてらっしゃいます。
苑研は検討中心の研究会ですが、苑田九段の人柄もあり和やかな雰囲気でされております。
かくいう私は隣で滝口研究会に行ってるので裏切り者ですが(笑)

そういう意味では苑田九段は一つの棋士の究極の形なのでは思います。
今回は『恩返し』(囲碁界で師匠に公式戦で勝つ意味)出来ませんでしたが、次回こそ『恩返し』したいと思います。
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 17:55| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得