2018年02月05日

囲碁アプリ③

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

もう2月ですね。
皆様は恵方巻きは食べられましたか?
私は今年は食べないまま節分が終わりました💦
今更ながら、お豆くらいは食べようかと思います✨

さて、前回前々回と囲碁対戦アプリ
囲碁ウォーズ」のお話をいたしました。
今回はこれらの記事を書いていて、
気付いた事をお知らせしたいと思います。

私は最初「囲碁ウォーズ」をスマートフォンでプレイしていたのですが画面が小さいせいか、クリックミスをして何局か負けてしまいました。
その後は7インチ程のタブレットを使いましたが、それでも小さい気がします。
ただこれは「囲碁ウォーズ」に限った事ではなく囲碁というゲームの特性の問題かもしれません。

9路盤ならまだしも、普段我々が対局している19路盤はスマートフォンのアプリには不向きです。
同年代で口が悪い棋士の一人19路盤はマニアがやるゲームと良く言っているのですが、
ことスマートフォンのアプリに関しては同意せざるを得ません。
こういうアプリを使っている人は電車の中のごく短い時間でプレイしているかと思います。
電車の中で19路盤で打ち出したら、乗り過ごしてしまいそうです(笑)

なので囲碁をスマートフォンで流行らせるにはもっと簡易化した別のゲームを開発するしかないかも…。
当ブログの読者さまで良いアイディアがある方は是非ともご一報下さい💡
一緒に囲碁アプリを開発しましょう❗
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 17:39| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

熊野2018①

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

更新が遅れてしまい申し訳ありません。
ここ数日間は風邪で寝込んでいました💦
体調管理はしっかりしないといけませんね…。

今回は先月お邪魔した熊野について数回に分けてお話したいと思います。
三重県の熊野と言えば、那智黒石が有名で囲碁をする方ならご存じの方も多いのでは?

私は年に一回熊野にお邪魔して、講師としてこども教室に参加させて頂いてます。
普段はアマの講師の方が教えてらっしゃるので、プロ棋士が来ると珍しいのか子供たちの反応が新鮮で面白いです。
それでも対局中の子供たちの真剣さは万国共通の様です。

DSC_0939 (1).JPG
     対局中の様子
DSC_0938.JPG
  中央はアマ講師の川邊さん

もう一つ、この熊野のこども教室で特筆すべきは使っている盤石です。
普通このような教室だとプラスチックの碁石にゴムの盤ですが
なんとここでは蛤の白石に那智黒石、榧の板盤超豪華です!
DSC_0940.JPG
  豪華な盤石

このような環境で碁を打てるのは羨ましい限りです。

前回お邪魔した時より子供たちも強くなっており
成長を肌で感じました。
これも教える方の喜びの一つです。


続きを読む
posted by プロ棋士さん at 16:23| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

熊野2018②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回は那智黒石で有名な三重県の熊野市の
子供教室の様子をお伝えいたしました。
午前中は私の講義(今年はユルミシチョウについて)をやった後に子供たち同士での対局が中心でした。

子供教室は午前まででしたが、お昼から
私の指導碁を行いました。
子供たちだけでなく保護者の方も参加していただいて和気あいあいと打てたと思います。

たまたま、指導碁の際に詰碁的な形が出来たので皆さんにも考えて頂きましょう(笑)

無題.png

実戦はもっと盤面が混み合っていたので
簡略化しました。
黒先で生きる問題です。
詰碁という訳ではないので、一手目は何手かありますが筋は同じになります。

実戦はこの右下隅の黒は死んでしまいましたが、問題だと簡単でも実戦で正解するのは難しいですよね。
ただ、問題で出来ないのが実戦で急に出来る事はないので普段から詰碁などを解いておくのは重要です。
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 14:26| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

熊野2018③

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回は那智黒石で有名な三重県の熊野市の
指導碁の様子をお伝えいたしました。

その時に詰碁的な形が出来たので出題しました。
早速、その答えと行きましょう。

無題.png
まずは黒1のサガリが肝要です。ここが先手なのを発見すれば解けるかと思います。
黒3のハネからでも大丈夫ですが上の図の手順が
一般的でしょうか。

さて、前回でも予告しましたが三重県熊野市
言えば「那智黒」の産地です。
今回は時間的余裕もあり、徳村屋さんと
岡室碁石店さんにお邪魔してきました。
徳村屋さんは那智黒の商品を積極的に
作成しており色んな商品がありました。
何点か紹介させて頂きます。

DSC_0981.JPG
那智石の花瓶

DSC_0972.JPG
那智黒のボールペン
私も思わず欲しくなりました!

DSC_0977.JPG
少し見づらいのですが那智黒石のスヌーピーです。
商品ではなく展示会の参考出品だそうです。
実はこのスヌーピーには仕掛けがありまして…

DSC_0975.JPG
なんと!口が開きます(笑)
ここは小物入れになるとの事。
発想が素晴らしいですね。

現在、関西棋院は取り扱っている商品が少ないので
今後那智黒石を使った物も販売できたら良いですね。
個人的には棋院のロゴ入りの那智黒ボールペン希望です(笑)
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 14:05| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得