2018年01月09日

関西棋院打ちぞめ式

皆さん、明けましておめでとうございます。

今回は関西棋院打ちぞめ式
ついて書きたいと思います。
さて、皆さんは今年の打ちぞめ
もう済まされましたか?
関西棋院では毎年1月5日に
打ちぞめ式を行っています。
お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
1月5日「いご」の日だからですね(笑)

式の内容としては最初に理事長のあいさつがあり、それからは参加者による連碁が始まります。
連碁とは複数人で打つ囲碁で、今回は一人二手ずつ着手するルールで行いました。

その対局を結城聡九段瀬戸大樹八段
今年の抱負を述べると共に盤面の解説をするという
面白い趣向で参加者の方に大変楽しんで頂けたかと思います。

不肖私も二手だけ打たせてもらいました。
やはり人前で対局するのは緊張しますね💦
皆様、今年もよろしくお願いします❗

DSC_0873.JPG
解説の結城九段と聞き手の飛田初段
DSC_0876.JPG
    参加者の様子


続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 15:25| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得