2017年11月01日

AlphaGo Zero

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

先月になりますが、Google DeepMindによって「AlphaGo Zeroが発表されました。
棋士として、いや囲碁に携わる者として触れない
わけにはいきません。

今年の年始や5月にあった柯潔九段との三番勝負などで人間側を圧倒したAlphaGoの新バージョンの
Masterがあります。そして今回発表された
ZeroMasterの対戦成績がZeroから見て100戦
89勝11敗です。
100局打って10回ほどしか負けないのは控えめに
見ても一子以上は差があるかと思います。

あのMasterが定先……凄いものが出てきましたね(汗)
その上、Zeroは人間の棋譜を使わない文字通り『ゼロ』から強くなったので
人間とは完全に異質な存在です。

ただ、少し安心した所もあります。
それはZeroが人間の碁とそこまでかけ離れていないという事です。
隅からちゃんと打つし、我々が使っている定石も使っていたりします。
もちろん及びもつかない手もありますが
人間側の囲碁の歴史も間違っていなかったと思います。

さてここでAlphaGo Zeroの次の一手です。
黒がに打った所です。
白番で考えて下さい。
無題.png

答え合わせは次回に!
続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 14:36| Comment(0) | AI囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

AlphaGo Zero②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回AlphaGo Zeroの次の一手を出しましたが
選手紹介がまだでしたね(笑)

無題.png

AlphaGo lee
AlphaGo Zeroです。

AlphaGo leeは去年に李世ドル九段に
4勝1敗したバージョンです。
白のAlphaGo Zeroは前回説明したので
割愛させて頂きます。
因みにこのleeZeroの対戦成績はZeroから見て100戦100勝です!
李世ドル九段に勝ったバージョンに100連勝……
想像を絶する強さですね。

ではZeroの答え合わせをしましょう。

無題.png

正解は白1のツケ!?
小ゲイマヒラキは通常固い形ですが、
Zeroはお構いなしです。
黒2は仕方ありませんが更に白3のハサミツケも
予想の斜め上。
私なりに手の意味を考えると、1~6まで味付けをしてから白7の絶好点に回ろうとしてるのかなと
思いました。

実際、黒が天元から切っていくのは色々味があってやり辛い状況です。

玄妙な打ち回しで、本当に碁盤を上手く使っているなというのがZeroの印象です。
人間も見習うべき所が多々あるように
見受けられました。

今後は囲碁もAIを使った勉強が
盛んになるでしょう。
そうなると我々棋士のスタンスも
先を見据えないといけませんね。


棋士から見たAlphaGoの考察は
posted by プロ棋士村長さん at 16:19| Comment(0) | AI囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

「大阪秋の陣2017」OP&EDの動画

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

今回は山野基金こども囲碁大合戦~大阪秋の陣~について書きたいと思います。
大阪秋の陣とは毎年11月に開催される子供の大会で今年で13回になります。

関西棋院の子供教室だけでなく様々な所から子供たちが出場し、今年は400人以上の参加者が集まりました。
私も毎年スタッフとして参加させてもらってますが子供たちの熱気にはいつもびっくりしております。

さて、ここで秋の陣ならでは(関西棋院ならでは?)の風景をお伝えしたいと思います。
私も含めて棋士もスタッフで働いてますが、そのうちの数名が着ぐるみを着てキャラクターに扮し
コントをやったり指導碁を打ったりします(笑)

はたから見たらシュールな光景ですが既に慣れてしまい違和感はありませんね💦
今回、その様子を動画として残しました。
田村千明三段が編集してくれた力作なので是非ともご視聴下さい。
特に谷口徹三段の名コントは必見です!
無題.png

posted by プロ棋士村長さん at 14:55| Comment(0) | 囲碁大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

普及功労賞表彰式

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

さる11月18日(土)に関西棋院普及功労賞及び、関西棋院第一位産経プロアマトーナメントの表彰式がホテルニューオータニで行われました。

当日、私はホスト側でお手伝いさせて頂きました。
表彰される棋士はもちろんの事、偉い方も多く出席されていたので本当に緊張しました(汗)

普及功労賞関西棋院瀬戸内支部さんと宝塚市さんで共に囲碁の普及に大変貢献して頂きました。
特に宝塚市さんは今年の夏にジャパン碁コングレスを開催したのが記憶に新しいですね!
その時は私もスタッフとして参加しました。
海外からの参加者も多く、正しく囲碁の祭典と言った感じでした。

その後は今回初めて関西棋院第一位に就いた余正麒七段の初々しいスピーチやプロ、アマ入り乱れての激戦を制し見事優勝された古谷裕八段
軽妙なトーク等、見どころ沢山な表彰式でした。

授与式の後は立食パーティーでしたが
食事もそこそこに指導碁を希望される方が多く
そこは囲碁の表彰式らしい展開でした(笑)

DSC_0786.JPG
DSC_0785.JPG
(指導碁の風景、上が古谷裕八段、下が稲葉かりん初段)

posted by プロ棋士村長さん at 15:33| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得