2017年10月02日

前回の詰碁解答と関西棋院Twitter

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回、文字詰碁の例題として出した問題が
そのままになっていたので
ちゃんと解説をしたいと思います。
白先で「15」の問題でした。
無題.png

これが正解図で黒6は7の下になります。
結果は白7までコウが互いの最善です。
無題1.png

狭いようでいて変化図は沢山あるのですが
ここでは割愛させて頂きます。

さて、タイトルにもあるように関西棋院のTwitterについても書かせていただきます。
以前から関西棋院のTwitterアカウントはあったのですが繁栄には更新してなかったと思います。
ですが、最近の関西棋院のツイートを見ておられる方はお気づきでしょうが、
なんと毎日更新されています
これは8月から曜日ごとに関西棋院の各部署で
ツイートするようにしたためです。

関西棋院には、棋士の手合については手合課
免状に関しては事業部など様々な部署があり
関西棋院を支えています。
そんな関西棋院を支えている職員さんのツイートが
見れるのは大変面白い試みだと思います。
まだTwitterに慣れていない職員の方もいるのですが
逆にそこが持ち味なのかも……

職員さん以外にも大会などの様子も写真を交えて
アップしてますので、ご興味のある方はご覧頂いて
フォローなどしてもらえると助かります(笑)


posted by プロ棋士村長さん at 15:48| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

3+3=? 持ち時間に関して①

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

今回は棋士の手合の持ち時間に関して
お話します。

因みに持ち時間と言うのは棋士が打つ手合の
持ち時間です。
普段、碁会所などで打ってらっしゃる方は経験が
あまりないかと思いますが
良くNHK杯で棋士が秒を読まれていますが
そのイメージで大体あっています。

NHK杯と普段の手合の違いは時間が長いのと
秒を読むのは機械の音声ですね。
現在、我々棋士の手合はリーグ戦や挑戦手合などの例外を除けば3時間1時間の碁が主流です。

3時間と言っても一人3時間なので一局にかかる時間は合わせて6時間……ではなく
もっとかかります。
それは3時間使い切った(正確には2時間55分)後に秒読みがあるので1分以内に打てば
いくらでも引き伸ばせます。
ただし、盤上に打つ手さえあれば…ですが(笑)

私の場合は手合の時、10時から始まって終わるのが大体18時なので一局8時間かかってる計算ですね。
3+3=8になるわけです(笑)
持ち時間が3時間なら、これくらいが相場でしょうか。
持ち時間が5時間だった頃に記録係をしていましたが23時くらいまでかかるのはザラにありました。
正しく1日仕事です。

手合の後に体重が数キロ減った話はよく聞きますが、そういう意味では当然なのかもしれません。
次回は持ち時間のペース配分について
お話したいともいます。

続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 12:10| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

持ち時間に関して②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回は持ち時間の話と私の対局時間に
ついてお話したかと思います。
私の場合は持ち時間3時間10時から始まって
終わるのが18時になるので
3+3=8と言う事でしたね(笑)

今回は持ち時間によって変わる対局時の
心構えを考えたいと思います。

まず3時間の手合ですが、私は序盤から割りと
慎重に時間を使います。
それと布石も趣向を凝らすことも多々あります。
これは趣向を思い付いた時に読みを入れる作業が
あるので時間がないと難しいかもしれません。
そういった意味では後悔はなかったりします。
(趣向倒れの時は後悔しますが汗)

逆に1時間の手合の時は序盤はかなり
割り切って打ち進めています。
趣向もそんなにせずにある程度決まった布石を使います。
これは中盤以降勝負どころが来た時に時間を確保しておくためです。

このような形で普段の手合の時は意識しています。

少し番外編になりますが、関西棋院囲碁サロンにて毎週水曜日最強リーグというものがあります。
これはアマ強豪同士で対局したり、プロに挑戦して勝てば商品券がもらえたりします。

この最強リーグがアマチュアの方が持ち時間40分切れ負けでプロの方はなんと……
35分切れ負けです!!
なので基本ノータイムで打って相手のアマチュアの方の考慮時間に私も考えてたりします。

プロ側は片懸と言いまして、負けると1円も
入らないシステムになっているので
こっちも必死だったりします(笑)

このような感じで前回と今回にわたって
持ち時間についてお話しましたが
皆さんの参考になれば幸いです。
続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 15:06| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得