2017年01月01日

2017年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

昨年2月に『わくわく囲碁の村』をオープンし、応援していただいた方のおかげで何とか頑張ってこれました。

このブログの読者の方にも本当に感謝いたしております。


今年も『囲碁の村』やブログでも

"わくわく"をお届けするために頑張って。

また、私自身も楽しんでいこうと思っています(笑)


今年はどんなコーナーで皆さんに喜んでいただこうかな・・・。

ご意見、ご感想がありましたら、囲碁の村お問い合わせフォームか下記までよろしくお願いいたします。





今年も囲碁ファンの方にとって良き年でありますように☆



posted by プロ棋士村長さん at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

お正月の風景

私は、お正月の雰囲気を感じるのがとても好きです(笑)
普段とは違った町の雰囲気がありますよね。

よく目につくのは家族連れでの初詣。

普段は、せわせわしたサラリーマンお父さんも、この時はゆったりパパです(笑)

都会ではオシャレな恰好をした若者も、この時は少し落ち着いた家族的な服装で日本的な良さを感じます。

いつも家でがんばっているお母さんも、家族でのお出かけに、和やかな家での会話が外でもちらほらと耳に入ってくるとほっとしますよね(笑)

お正月だけは『家族』の雰囲気があちこちで見受けられます。

こういう時『日本的な良さ』を感じるのは私だけでしょうか。

posted by プロ棋士村長さん at 00:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

プロ棋士のお正月

プロ棋士はお正月をどのように過ごしているのでしょうか。

直接そういった話を、あまり棋士同士ですることはないので皆が謎だらけですが、きっと世の中のお正月と変わりはないとは思います(笑)


ただ私の場合は、正月明けにすぐ手合がある場合は、中々落ち着いたお正月ではありません(笑)

家族はのんびりムードですが、私は頭の中に碁盤が浮かんで中々消えません。

プロ棋士の場合は、普段もある意味休みのようなものなので、お盆もお正月も関係がないとも言えますが(笑)

そんな一年間なので、世間がお休みの時よりも、普段通りに社会が動いている時の方がリズムが合っている感じです。

プロ棋士には決められたお休みはなく、休むのも勉強するのも全て自己責任なので、気持ちのコントロールがすごく大切な職種です。

今年は幸い、お正月明けには手合がないのでゆっくりすごすことはできます(笑)


posted by プロ棋士村長さん at 00:00| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

プロ棋士はどうあるべきか?

この前、将棋界の暴露本のような感じなので、おもしろ半分で橋本崇載さんの『棋士の一分』という本を読んだのですが、お隣業界の住人としては笑えない話でした(苦笑)

例のカンニング事件や、AI将棋とプロ棋士が対局し始めた経緯などが、生々しく橋本さんの視点で書かれているものです。

棋士の一分.jpg

ただ、私は同じプロ棋士として、橋本さんの棋士としての心構えというか立ち位置にすごく感銘を受けました。

プロ棋士はどうあるべきか?

今後のプロ囲碁界のこと。

囲碁のプロ棋士全員に読んで欲しい一冊です。


続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 00:00| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

2017年次の一手ランキング戦始まる

『わくわく囲碁の村』の次の一手ランキング戦が開始しました。

これは毎週次の一手を回答して、点数を1年間競うものです。

ジャンルは、次の6部門。

・布石
・中盤
・終盤
・手筋
・死活
・総合

第一週目の回答期間は1/1(金)~1/12(木)です。

他にも囲碁ライフを充実させるコンテンツが沢山ありますので、この機会に『わくわく囲碁の村』に登録して遊んでみてください。


ご登録はコチラ


igonomura.jpg

※2016年の100位ランキング結果は後日発表いたします。



また、実はこの『次の一手問題』は毎週の学習コースにもなっています。

解答の解説は、(お楽しみ館)のいずれか1つをご購入いただくと閲覧可能となります。

毎週、ちょっとした張りとしてお楽しみください。


posted by プロ棋士村長さん at 00:00| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得