2018年04月24日

昔の教え子との手合②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

前回は元教え子の大川初段との対局を思い出を交えながらお話しました。
無題.png
私の白番で黒が△に打った所です。
大石同士の攻め合いです。
黒が8手で白の手数をいかに伸ばすかが問題です。
無題1.png
一見気づきにくいですが、
白1とここに打つのが好手です。
これで白が9手になり8手9手で白の1手勝ちになります。
しかし大石を取って流石に勝っただろうと思い
計算してみると意外や意外半目勝負です💦

正直最後まで勝ってる自信はありませんでしたが
最後に黒がダメを詰めて何とか勝ちを確信しました。
半目勝負の場合、最後にダメを詰めた方が負けなのはご存知でしょうか。
最後に詰めると偶数差
詰めると奇数差になります。
半目勝負だと6目~7目差なので最後のダメ詰めで数えなくても勝敗が分かります。
ただセキ等がある場合は変わってくるのでご注意下さい。

攻め合いがあちこちで出来て頭が痛い一局でした💧
読みの力も以前に比べると落ってしまっている感触でした。
また詰碁を一から勉強する所存です!
続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 16:58| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

昔の教え子との手合①

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

最近は日中だと暑いくらいで夏も近いのかも…

更新が遅れ申し訳ありません。
今週は何かとバタバタしており、昨日も手合でした💦

昨日の手合本因坊戦の院内予選で対戦相手は大川拓也初段でした。
大川拓也君は初段ながら、この直前に陳 嘉鋭九段を破ってここまで勝ち上がっており、かなりの難敵です。
ただ大川君は彼の小さい頃からの知り合いで、かつて関西棋院囲碁学園で(今のこども囲碁道場)
教えていた事もありました。

当時で良く覚えているのは囲碁学園は4級から昇級すると3級格になって講師との五番勝負に勝つと
晴れて3級になるシステムとなっています。
そこで当時の大川君と何回も戦いました。
手合割は10子で相当厳しく打って、彼の3級昇級を止めた記憶があります。

最近彼と話す機会がありましたが、当時の事を聞くと私の事を鬼だと思っていたそうです(笑)
でも今はお互いにプロなので当然互先です。
あの時から考えると10子強くなった計算ですよね!
感慨深いものを感じました。

彼との対局は激戦を極め(闇試合とも言います)、最後は指運が良く何とか半目勝てました。
攻め合いも何箇所も出て来て頭が痛くなるくらいでした💧

無題.png
その対局で今、黒が△に打った所で白番です。
私の白番です。右上の大きい石が攻め合いになっています。
白が攻め合いに勝つ手段はありますか?
来週の記事にて答え合わせをしたいと思います。
続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 12:53| Comment(0) | プロ棋士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

全日本こども囲碁チャンピオン戦②

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

桜が散ったと思ったら、また冷えて来ましたね。
皆様も急な温度変化にお気をつけ下さい。

前回は全日本こども囲碁チャンピオン戦についてお話しましたが今回はその続きをしたいと思います。

開会式の時に関西棋院として挨拶をさせて頂きましたが、兎に角これが緊張しました💦
頭の中で何回もシミュレーションしましたが
いざ本番となると…
私の直前に日本棋院理事の円田秀樹先生が流暢に挨拶をされていたので
余計にプレッシャーに
頭が真っ白の状態で挨拶しましたが、後で人に聞くとちゃんと喋れていた様です(笑)

開会式が終わった後、円田先生と話していたら選手のお母さんがこちらに挨拶に…。
その方に「張栩の妻です」と自己紹介されて吃驚!?
張栩九段の奥様…というか小林泉美先生でした!
その日はお子様がこどもチャンピオン戦に出場されているのでその付き添いとの事。
お会いするのが初めてだったので
色々お話を聞きました。

今回大会に来て思ったのは大会とは様々な人に支えられて初めて成立するという事です。

大会の運営にスポンサーさん、会場のスタッフに付き添いの方々
どれかが欠けても大会は成り立たないかもしれません。

運営のスタッフさんに大会や選手の子供たちに対する気遣いが見えた事も
DSC_0059.JPG
これは3時頃に子供たちに配られたシュークリームです。
囲碁の様な特に頭を使う競技には甘いものは必須と言えます。
こういう心使いは本当に嬉しいものです。
因みに写真にシュークリームは余っているのを頂いたものです。
決して子供たちから奪ったものではないので悪しからず(笑)
DSC_0056.JPG
大会の様子

私が参加したのは初日だけでしたが、大会の素晴らしさが充分に伝わって来ました。
関西棋院もこの様に大会を運営していけたらと感じました。
続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 15:01| Comment(0) | 囲碁大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

全日本こども囲碁チャンピオン戦①

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

もう4月ですね!
桜の方は急に暖かくなったせいか、葉桜になっているのもチラホラありますね。
今年こそお花見に行きたかったのですが、うかうかしてるとまたタイミング逃しそう…

さて先月の29日に「全日本こども囲碁チャンピオン戦」に行って参りました。
場所は京都の聖護院で開催され、全国から予選ブロックを勝ち抜いた小中学生総勢48名が一堂に会しました。
DSC_0055.JPG
私は後援である関西棋院の理事として出席し、開会式では挨拶もいたしました。
ただ、14時開始なのに12時に着いてしまい
かなりの手持ち無沙汰に💦
お昼がまだだったので近くのお蕎麦屋さんで
天ざるを頂きました。
流石に京都と言うか、お蕎麦屋さんもいかにも歴史が
ありそうな佇まいでお庭の景色も見事で感動しました。

DSC_0053.JPG

とても美味しかったです!

お昼を食べてから会場に戻ると見知った方に
声をかけて頂きました。
その方とは関西棋院佐田篤史三段のお母様でした。
この子供チャンピオン戦各ブロック幹事さんが世話役として全国大会にも参加されていて、
佐田さん岡山ブロック幹事さんとして来られていました。
佐田三段の妹さんもインストラクターとして活動されており、家族で囲碁普及に貢献されています。
佐田さんのみならず各ブロック幹事さんは遠方からもいらっしゃており只々頭が下がる思いです。
囲碁普及にはプロもアマも関係ないのだと今更ながら痛感しました。
…とここまでは大会そのものとは関係ない話をしてしまったので次回にその詳細を報告したいと思います。
それと意外な人物に意外な自己紹介をされたのでそのエピソードも次回に(笑)

続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 18:58| Comment(0) | 囲碁大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

第12回全国高等学校囲碁選抜大会

皆さん、こんにちは。
村長の星川愛生です。

3月31日に「わくわく囲碁の村」の毎月の更新が終わります。(ランキング戦等)
5月31日まで閲覧は出来ますがこの状態で村長を名乗るのか非常に悩んでいます。
ブログの方は変わらず続けるので、私の村長に代わる呼び方を随時募集しております(笑)

さて、前回告知した通り3月17~18日に
大阪商業大学にて開催された「第12回全国高等学校囲碁選抜大会についてお話したいと思います。

私は18日に審判として参加しました。
審判というと仰々しいですが、トラブルが起きない限りは特にする事がありません💦
今回は最初に対局時計のトラブルが少しあったくらいで大会はつつがなく進行しました。

しかし、同じ常務理事の田村三段から関西棋院公式Twitterで大会の事をツイートして欲しいと
指示があり、専ら大会の様子をツイートしていました。

私が参加した18日は個人戦で、男女それぞれ19路9路の計4部門行われました。

9路盤というと入門のイメージが強いですが、最近は非常に研究が進んでおり
我々棋士でも、知らない事が多く今大会でも
レベルの高い碁が繰り広げられました。
局後に私も検討に参加したりして有意義な時間だったと思います。

詳しい大会の結果は関西棋院のホームページを
ご覧下さい。

今回審判として参加した感想ですが
盤外は高校生らしい落ち着いた静かな雰囲気の中で行われていましたが、盤上の方は若々しく
躍動感に溢れていました。

参加者の中には私が関西棋院のこども囲碁道場で教えていた子もいて、その子らの成長ぶりには驚くばかりです。
私も教え子に恥じないよう今後も頑張っていこうと決意を新たにしました。

DSC_0029.JPG

DSC_0016.JPG
続きを読む
posted by プロ棋士村長さん at 16:31| Comment(0) | 囲碁大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得