2019年07月30日

ジャパン碁コングレスin金沢②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回、7月12日(金)から15日(月)まで行われた「ジャパン碁コングレスin金沢」の前半についてお伝えしました。
今回もその続きで後半編として、色々お伝えしたいと思います。

13日はメインイベントが話題性があって、マスコミの方が多く来られてました。
そのメインイベントとは……
ゼイ廼偉九段仲邑菫初段にエキシビションマッチです。

世界初の女性で九段になられたゼイ廼偉九段の事は説明不要でしょう。
現在でも女性の九段は世界でも少ないのでその凄さは変わりません。
対して、最年少プロの仲邑菫初段も皆さんはよくご存知だと思います。
この二人の対局となると、マスコミでなくとも注目したくなります。

この対局はパンダネットさんでも中継されたので棋譜が気になる方はこちらから見て下さい。
ダウンロードしたファイルはこちらのソフトを入れれば見られます。

DSC_1248.JPG
当日はネット中継の手伝いをしていたので、舞台の横からしか撮れませんでした。
15644747848070.jpg
ご覧の通り、正面は報道陣でいっぱいなので
そもそも正面からは無理そうです💦
この対局の記録とライブ中継自体は出口万里子初段にやってもらって私は舞台横で待機してましたが…。
対局が始まり、見守っていると出口初段から
LINEで「中継出来ません」の文字が!
慌ててパンダネットさんに連絡をして原因を調べてもらい
その方法を私からLINEで出口初段に伝えてなんとか事なきを得ました
中継をリアルタイムで見ていた方、申し訳ございませんでした。

でも最近はLINEなどで、文字でのやり取りがスムーズに出来て便利ですよね。
流石に記録中に電話でやり取りするのは無理ですもんね。
結果的に無事に配信出来て良かったです。

そして、13日はNHKさんから「囲碁フォーカス」の取材で稲葉かりん初段の指導碁にスポットを当てていました。
15644749785021.jpg
指導碁を受ける方も色んな国の方がいらして、まさしく碁コングレスに相応しい光景でした。
今回の(も?)ジャパン碁コングレスは完全に裏方でお仕事だったのであっち行きこっち行きでてんやわんやでしたが
来ていただいた参加者の方々にも満足していただけて、本当に良かったです。

来年は場所がまだ本決まりではありませんが、来年のジャパン碁コングレスには皆さんのご参加お待ちしております

続きを読む
posted by プロ棋士さん at 18:15| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

ジャパン碁コングレスin金沢①

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

今回は7月12日(金)から15日(月)まで行われた「ジャパン碁コングレスin金沢」について書いていきたいと思います。
私は会場2階の指導碁とイベントの中継用パソコンの設置担当だったので、その視点でお伝えします。
中継が上手くいくかのテストのために金沢には前日入りしました。
テストの時はパンダネットの担当さんと電話でやり取りしながらなので、当たり前ですが問題なくテストは終わりました。

そして12日初日の午前、指導碁の会場は人があふれて大混雑に💦
理由は、大会4日間通しの方は指導碁が1局無料なので初日に打ってしまおうと考えた人が多かったせいでした。
それに指導棋士は本田邦久九段結城聡九段などの豪華陣!
これは指導碁が人気なのもうなずけます。
途中、30人ほど待ちの行列が出来ていました。

DSC_1239.JPG

DSC_1240.JPG
指導碁の様子

そして、18時からは「Leela Zero」と結城九段率いる若手チームで「Leela Zero」の操作は私が行いました。
最初は互角の評価値でしたが段々と差が広がり、最後は白の「Leela Zero」が盤面でも優勢になり黒が投了となりました。
それではハイライトの局面だけご紹介したいと思います。

無題.png
白のLeela Zeroが1とスベったところです。
普通ならAのダイダイゲイマまで進めそうなものですが…。

無題.png
黒は2とツケたくなりますが、この時に白3のハサミツケが用意された好手!
この手を見た瞬間、なるほどと思いました。
黒は4で7とつなぐのは、気合が悪いと見て4とふくれましたが白7とポン抜く展開は白満足です。

無題.png
黒は2とこちらに遠慮するくらいだったかも知れません。
ただ、これなら白3とツケる余地がある分、白1でAとダイダイゲイマに打つより優れています。
この大ケイマのスベリに大げさに言えば感動してしまいました。

と、ここまで12日(金)の初日の様子をお伝えいたしました
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 14:51| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

ワールド碁フェスティバル

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

今回は6月30日に宝塚市にて開催されたワールド碁フェスティバルの様子をお伝えします。
詳しい内容はこちらをご参照下さい。→ワールド碁フェスティバルの詳細

私は今回もスタッフの一人として参加させてもらいました。
参加メンバーを見たら分かる様に日本はもちろん、
中国、韓国からも有名な棋士が来ていて大盛況でした
DSC_1179.JPG
最初のプログラムは村川大介十段と仲村菫初段のエキシビションマッチでしたが
お客さんはもちろん、マスコミ関係者も20社以上来ていて大盛況でした。
解説は趙治勲名誉名人で聞き手は辰己茜三段と豪華な布陣。
趙治勲名誉名人の軽妙な解説(トーク?)術に観客の方は引き込まれていました。
DSC_1181.JPG
この後は曺薫鉉九段や黒嘉嘉七段が参加するペア碁マッチがありましたが
私は別の仕事を任されて、このペア碁を見る事は出来ませんでした💦
写真とかなくて申し訳ありません

何はともあれ、無事にワールド碁フェスティバルを終えられて良かったです!
当日は大雨なのに来ていただいた方々に感謝の意を🎵
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 18:39| Comment(2) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

研究会にて③

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

前回は研究会の碁を取り上げました。
その中で詰碁的な形が出来たので今回はその答え合わせといたします。

無題.png
これがその問題図です。
黒が1と来て上辺の白がどうなるかですね。

無題.png
正解は白2のマガリとなります。
この手以外では白は生きることができません。

無題.png
黒は3とセオリー通りに外から来ますが、
白4が正しい手。一見すると黒5で眼がなさそうですが…

無題.png
黒5に白6とこちらからオサエて黒7の時に
白8のホウリコミが手筋で
黒3子がトントンになっています。
右上隅の黒の欠陥を突いた形です。

これは『辺の一合マス』と言われる形で、
基本的には上記白1とマガるのが正解となります。

無題.png
辺の一合マスの基礎型です。
白番で、正解はどちらかに『マガる』のですが
その時のコツをお教えいたします。

無題.png
白△と白の援軍があるかと思いますが、
この援軍から近い方に『マガる』のが正解となります。
これを覚えるだけでもだいぶ頼もしくなります。

因みに実戦は『援軍』ではなく
相手の『弱点』の方にマガリましたが、
これは応用編みたいなもので理屈は同じです。

詰碁などでも、実はコツがあったりして
そこを押さえると簡単だったりします。
当ブログでも折を見つけて、『コツ』を皆様に伝授したいと思います
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 17:39| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

研究会にて②

皆さん、こんにちは。
関西棋院棋士の星川愛生です。

部屋でパソコンをいじっていたら、気温が高いのとパソコン自体が熱いせいで汗だくになってしまいました💦
囲碁AIはパソコンの能力をフルで使うので温度には要注意です

さて前回は研究会の碁を解説していましたが、
今回はその続きです。

無題.png
私の白番で黒が左下に繋いだところです。
この後……

無題.png
白1と両ガカリしたら、上下で同じ定石が出来ました。
白としては15に回れたら不満なしです。

無題.png
白△の開きが先手で打てたので、
1から3と中央に打ちます。
この手は模様を作るときの常套手段です。

無題.png
局面は進んで、黒が1とハネたところです。
この時、白は2とノビるべきでした。
ここは中央が大事で、白□の集団に
遠くから援軍を送るイメージです。
逆に黒が中央を厚くなると白□は攻められてしまいます。
しかし、私はここで…

無題.png
白1と切ってから3と繋いでしまいました。
部分的には手筋ですが、黒6とカカエられると
中央黒も安泰ですし
中央の力関係も微妙になってきました。
明らかに形勢を損なっています。
真ん中の戦いは難しいですね💧

後、実戦ではたまたま詰碁の形が出来たので
皆さんに出題したいと思います。

無題.png
黒が今、1とマガッてきたところです。
上辺の白が生きるにはどこに打つのが正解でしょうか?

実戦で配置を変えずに問題が出来るのは
割りと珍しいかもです。
答えは次回解説したいと思います。
続きを読む
posted by プロ棋士さん at 13:25| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得